FC2ブログ

ドージョー・ワセダストリート

 8月29日。

 昼はスモールマウス、夜はナマズというつもりで、昼食を終えた後、宇奈根へ向かおうとしていたが、雷雨の警報が出ていたのでしばらく出発を見合わせていた。
 ところが何も起こらぬうちにずるずると時間が経過して行き、15時を過ぎてしまった。
 様子を見守った挙句、釣りに行く時間が無くなったではたまらない。どんな天候になろうとも、まずはサマナとしての務めを果たすべきだろう、という訳で草庵を出た。

 宇奈根入り。
 水量多く、スモールマウスには厳しい状況。
 この水量では下流側のナマズ狙いの場所も、足場の確保に難儀することが予測される。
 本流をジャークベートで流しながら下り、戻りは流れの当るカバーにワームを通して行ったがいずれも反応を得られることはなかった。
 日没まで時間がある。
 ナマズを狙いの時間まで何も出来ることが無いのなら、いっそポイントを変えてしまえ、というわけで、宇奈根を捨て、カースティングで消耗品を補充し、中野島に入った。

 昨日は1匹しゃキャッチできなかったが、今日は水量も多く、二桁は無理にしてもそこそこの数を稼げそうな雰囲気である。
 ところがまったく反応を得られない。
 ルアーの動きか、カラーか、ルアー以外の理由か。一級のスポットで反応さえ無いとはいったいどういうことか。その理由が思い浮かばず悩み始めていたところ、公孫戍が現れる。
 今日は好調で既に40匹は釣れたとのこと。
 ライトリグの釣りを得意とする公孫戍が40という数字を稼ぐほどの盛況なら、この釣りを苦手とする朕でも10ぐらいはいけるのではないかとキャストにも身が入る。
 
 駄菓子菓子…。
 まったく反応を得ることなく日没を迎え、李立がやって来る頃には公孫戍は6匹追加し、ここで疲労を訴え撤退。
 朕は伝説式の礼を間を惜しんでキャストに専念するが、やはり何も得られない。
 いくらプレッシャーの掛かりやすいフィールドであっても漏網の魚ぐらいは居るはず。それとも漏網の魚は驚きのあまり食どころではないのか…遂に気力が途絶える。
 さすがに李立は何か見えているだろう、と尋ねてみれば「厳しいっすね」と返るのみ。
 普段はノーフィッシュに終わっても恬淡としている朕だが、この日は釣れるという現実を見せられながら、自分はまるでかすりもしなかったことにからショックを受けていた。
 フィネスフィッシングの上手下手が、ゆでたまごと手塚治虫、『バリバリ伝説』と『キリン』ほどの次元の違いとなって示されようとは、と打ちひしがれての納竿となった。
 李立が引き揚げてくる。
 「何だ、釣れなかったのか。だらしがねえなあ」と迎えようとしたところ「とりあえず1匹釣れました…というより釣れちゃいました」とのこと。
 去り際に、勿体ないからとりあえず一投と無作為に投げたところ釣れたという。
 しかし、李立も想像以上の厳しさにショックを受けていたようで、旧師弟コンビは伝説三輪式に罵り合うゆとりもなく、世間一般の人々と同じような別れの挨拶をしての解散となった。

 ※マー語
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード