FC2ブログ

時にはガネーシャ体操など

 8月24日。

 昼寝から覚めてみると、李立からメール着信があった。
 既に登戸入りしており、降臨跡は朝方降った雨の影響で濁りと増水が発生しているとのこと。
 カバーが生きる時だ、と思ったが打つべき範囲が限られるポイントで李立と並んで釣りをしていては朕の取り分が無くなってしまう恐れがある。
 そこで朕は、李立との合流を避け、平均サイズは小さくとも魚は確実に居る中野島エリアへ行くことにした。

 寄り道しながらポイントを目指す。
 ポイント入りしたところ、李立より45センチのスモールマウスをキャッチ出来たとの報と同時に、何故か御老公が現れたとの報が入る。
 先日乗合船でアジとサバの数釣りを経験し、次はカサゴ、メバルのルアー船に乗ると息巻いていたので、てっきり船釣りに目覚めたのかと思いきや、多摩川での釣果を諦めてはいなかったようだ。
 まだ介護の必要な老人ではあるが、李立とポイント共有することの不利を散々思い知らされてきた朕は、李立に御老公を押し付け、中野島に留まることにした。

 やがて公孫戍が現れる。
 それぞれに分かれて探っていたが、盛んという感じでもなく、朕は3粒で終了となった。
 さすがに公孫戍はこの釣りに長けていて7粒という釣果を得ていた。
 ナマズも二回掛けたとのことだが、こちらはアタったとかバレたとか、そんな聞きたくもねー話に止まったとのこと。

 今日は厳しいからそろそろ止めようか、という頃、李立がやって来る。
 登戸ではその後40クラス1匹、30クラス1匹のスモールマウスを追加できたとのこと。
 御老公は李立のアドバイスを素直に聞いていたようだが、根掛りに心が折れて帰ったとか。

 しばし、村里の話題に興じ、気付けば21時を過ぎていた。かくして釣り廃人たちのささやかな愉しみの時は終わり、伝説三輪式に「お疲れえ!」を決めての解散となった。



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード