FC2ブログ

ブルーマウンテンサイドマウンテン

 8月22日。

 昨日、宇奈根で見たセイゴの多さが忘れられず、今日はセイゴを釣ってやろうと少しルアーの種類を増やして臨んでみた。
 淡水域シーバスはサイズを問わず、多摩川釣り廃人たちの間では非常に価値の高い魚。
 大層な御託並べてる割には釣れてねえ者としてはここでキャッチして羽振りの利くようにしておきたい。

 宇奈根入り。
 スモールマウスには厳しいという感じ水の状態だが、時間もあることだし、もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!と、ワームを一流し。
 ボトムでは案の定反応を得られず、ならばセイゴを、と手出ししてみたものの追いを見るのみでストライクは得られず。
 朕に現状を打ち破ることは困難だと思われたので、日没を待って天の助けという可能性にかけるか、目先を変えて違うことをするか迷い、結局思い切って中野島まで行ってみることにした。
 日没まで待った挙句、期待通りの展開にならずボーズを食らうよりは、苦手としながらも技巧を駆使できれば何とかなりそうな、魚の棲息が確実な場所でがむばった方が良さそうだ、というわけである。
 一年前なら移動のストレスを考え、行くのをためらうような距離にあった中野島も、今の足なら苦にはならない。

 移動は吉と出て「ああ、そのサイズかあ」と唾を吐きかけられそうなサイズながら5匹のスモールマウスをキャッチ出来た。
 途中はからずも合流となった公孫戍は中野島エリアを転々とし、6匹のスモールマウスに加え、70超えのコイと2匹のニゴイをキャッチしていた。
 ライトリグを駆使し、スモールマウスだけならまだしも、コイ科まで釣ってしまう技量が妬ましくてならなかった朕は、顔を赤らめながらも冷静さを装って「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、伝説三輪し、釣果を上回られたのはあくまで釣りに臨む姿勢の違いからであって、自分の技量が劣っていたからではないという気になってみた。
 そうは言っても、所詮気ばかりで実が伴わなかったため、いずれ釣りという低レベルな競争を卒業してしまった修羅を偲びながらの解散となった。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード