FC2ブログ

パソコン買い替えはマーハポーシャで

 8月7日。

 朝、御老公からメールがあったことに気付く。
 今日みたいな日はデーゲームだろう、との仰せ。
 爺さん、連日痛い目に遭っていながらまだ懲りてねえ。勢い余って買う釣具にも無駄なものが多い。
 釣れてもないのに釣り廃人な御老公に敬意を表し、朕も早めの出発に付き合うことにした。

 平日昼間の降臨跡。
 先ほどまでまで雨が降っていたこともあってか誰も居ない。
 水位は高めで泥濁り。
 こうなっていることを予測して、スピニングリールに16lbフロロカーボンをリーダーとして組んできた。
 カバーの中で掛けても余裕を持てるようにとの配慮だったが、40少々のスモールマウスとの引っ張り合いでラインブレイク。
 擦れた痕も無いのにこれは納得いかない。買ってから二年以上経っているベーシックFCだが、室内保管してきた。この商品のクオリティに疑念が生じたので、面倒ではあったが一度帰宅し、リーダーを結び直すことにする。

 リーダーをトライリーンXT10lbにしての再挑戦。
 この間に御老公は降臨跡に到着しており、今日買ってきたというがまかつのクランクベートを見せびらかしてくれた。
 「あ、そのぐらいオレも持ってますよ」
 「そうか…」
 どうやら昨日、朕がトップウォーターでナマズを釣ったと聞いたことと、釣りビジョンのトップ専門番組が面白いなどと言っており、にわかに表層がブームになっているようだ。
 そして釣れてもいないのに、村田基の真似だといって「フィッシュ!」などとやっている。
 そうこうしている間に、ファットアルバートイモでカバー周りを通し続けていた朕がストライクを得る。
 ラインに擦り傷は入っていたが引っ張り合いで切れることはなく無事キャッチ。 
 御老公は今日買ったばかりの表層クランクベートを二個も失くして少し泣きが入っていたが、このヒットを見て「やっぱりアームだな」と言って、朕にグラスミノーを渡す。
 どうやらリグを組めと言っているらしい。
 しょうがねえ爺さんだと思いながらもネイルシンカーを入れて、朕と同じリグにセットしてやった。
 朕はこの釣りにはセンコーの方が確率高いですよ、と言ったが、これなら中層も引けるだろ?と返される。
 御老公から“中層”という言葉が出てくるとは驚きだが、そもそも釣りビジョンに中毒して釣りを始めた人なのだ。

 一度水位が下がり、まったく反応を得られない時間を過ごすこともあったが、水位が上がりだすと、朕が45以上というスモールマウスを掛ける。
 御老公が隣にいる時だったので、その魚体を見せてやることは出来たが、護岸の角にラインが当たりラインブレイク。
 「ネット持って歩かなきゃ駄目だよ」
 と、超初心者の御老公にしたり顔でアドバイスされてしまった。
 これを機に、朕はベートキャスティングで巻き返し周辺にスピナーベートやジャークベートを通していたが反応は得られず。
 水位が戻ってもベイトが薄いままであったため、これを長く続けることはできなかった。
 御老公が朕を呼ばわる。
 何事かと駆け寄ってみれば、魚がバイトしてきたとのこと。御老公の示す「このぐらい」は40以上だが、多分気のせいだろう。
 「何だ、信じねえのかよ?」
 「バスが食ってきたということだけは信じます」
 「本当に食ってきたんだぞ」
 結局、アタったとかバレたとか、そんな話ではあるが、御老公にとっては大いなる前進である。

 まだ17時を少し過ぎた程度ではあったが、久しく反応を得られていなかったことと、御老公が満足気味でいたことにより、ここで納竿となった。
 


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード