FC2ブログ

ブッダキリストアフラマズダルドラタクニー

 7月18日。

 釣りという低レベルな競争は終わらない。
 昨晩は公孫戍が中野島で「ああ、そのサイズかあ」なスモールマウスを8匹。
 降臨跡上流では侯嬴こうえいがナマズを。
 これまでに正解はやり尽くして来たという修羅でさえ、あまりの釣れなさに泣いて逃げ出した多摩川で釣れているというのはおかしいのではないかという向きもあろう。
 だが心配には及ばない。彼らは、己を貴く見せようとすることより、釣果を得ることにガチ釣り廃人なのだ。

 迎えた当日。
 釣り廃人にして金も無ければ女もいない負け組である朕は、これまで通っていたポイントを休めようという思いもあって、宇奈根にスモールマウスを狙ってみることにした。

 宇奈根到着。
 日中の暑さが過酷なためか、一帯に釣り人の姿がまったく無い。
 先日はニゴイやコイの出入りが確認されたものの、近くにアユ釣り師がいたため手出しできなかった泉流れ出しも、今日は進入可能。
 ニゴイは見えなかったが、魚食ゴイの姿は見えるので、ルアーを通してみたところコイがヒット。
 とりあえずボーズだけは無いということで安心し、下流側へ。
 既に水中を見通すには厳しい光量になっていたが、行き交うコイ、フナ、ボラ、大量のアユが見られ、捕食を行う木っ端セイゴを見ることもあった。
 今宵釣れるはスモールマウスかナマズか、と期待させるものがあったがボトム、表層ともに一切の反応も得られず。
 流量水勢も十分なのに何故。日照り続きで水そのものが良くないのか。ベイトを通すコースか、ベイトそのものが違っているのか。
 何がいけないのかがわからないまま20時を過ぎたことにより終了とする。

 とりあえずの釣果は得られたものの、第一ターゲットと定めたスモールマウスが釣れなかった悔しさと、マサ斉藤が亡くなった悲しみから、カルピス原液一気飲みをしたい気持ちで帰路に就く朕であった。




スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード