FC2ブログ

伏者通り公園で逢いましょう

 6月26日。

 前回、朕がノーフィッシュに終わった日、釣り廃人侯嬴こうえいは、修羅にはまるで無かった根性で粘り、2匹のナマズをキャッチしていた。
 その翌日、朕は休日であったもののクロマンボウを観に行くついでに、昼間からおビールなどを嗜んでしまい、帰宅する頃には外出する気力もすっかり失せ、釣り廃人たちに「オレにかまうな、上手い連中と仲良くやってくれ」と、泣きの暴言を吐いて眠りに就いてしまった。
 夜になって目覚めてみれば、降臨跡での釣果報告あり。
 公孫戍は6匹、夏侯章は1匹のスモールマウスをキャッチできたとのこと。
 気の利いた僻み文句のひとつでも送ってやりたいところではあったが、貴重な伝説資源の枯渇を恐れた朕は「唾は後日」と問題を先送りにし、再び深い眠りに就いた。

 昨日は公孫戍が中野島で9匹のスモールマウスをキャッチして、この界隈でまかり通るトンデモな定説を呆気なく覆していた。
 トンデモな定説とは“本を捨て末を問う”とか“木を見て森を見ず”といわれるような思考から生ずる、鑑みるにも値しないまるで実釣の役に立たない与太話である。
 同日夜、降臨跡上流に入っていた侯嬴がナマズを3匹キャッチしたとの報が入る。
 ここまで続けざまに他人の釣果を見せつけられてしまっては出し惜しみもしていられず、結局ぶっ放してしまった。
 「でもよお、おめえら新川では釣ったことないよな。大したことねえなあ…オォーイ!

 迎えた当日。
 この日はまっすぐ家には帰らずザ・タックルボックス店長宅に寄る。
 多摩川釣り廃人たちの間では必要不可欠なものになっているスティッコー補充のためである。
 訊いてみたいこと、話しておきたいことはあったが、この後の中野島での釣りに備え昼寝をするため、スティッコー購入後すぐに帰宅を急いだ。

 夕刻中野島入り。
 公孫戍と合流し、スティッコーを渡した時点で「今日のオレの仕事は終了」宣言。
 ここは朕の苦手な釣りで通さなければ釣りにならないポイント。上手く行かなかった時に、自分がヘボいからではないと他人に思わせた気になれる伝説式保険を特に篤く掛けておかなければならない。

 かくして実釣開始。
 この日は反応を得られてもフッキングにまで至ることが無く、反応自体も少なかった。
 朕はどうにか1粒釣り、かろうじてノーフィッシュを回避。
 経験と技術で優る公孫戍をしても6粒という結果に終わってしまう。
 このような結果では「おめえら大層な御託並べてる割には釣れてねえじゃねえか」と、別格に釣れていなかった修羅にこき下ろされてしまうことだろう。

 不甲斐ない結果に終わったその日の夜、独り降臨跡上流に入っていた侯嬴は3匹のナマズをキャッチしていた。
 既に泣きが入っていた時のことである。
 険を含んだ目つきで顔を赤らめながら「突き落としてやろうか」と返信したのはいうまでもない。



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード