FC2ブログ

吹く風と止む風と

 6月17日。

 とりあえず、○回連続ボーズなし!の伝説式自慢権を獲得できた昨日。
 今日も伝説式を決めんものと昼食後の出発。
 登戸名物は見られないだろうから、ということと、昨日のニゴイを見ていよいよ朕の活動圏内にニゴイが入ってきたと思われたので、アユの濃そうな堰下エリア狛江側に入ってみることにした。
 
 乞食浴場からエントリーしポイントへ。
 アユの群れは岸に寄り、つきまとうニゴイの徘徊も見えた。
 頻繁にやってくるというほどでもなく、見えたのは二匹だけだったが、そのうち一匹をキャッチできた。
 伝説アナザー氏がひとかたならぬこだわりを持つミノーへのヒット。9センチミノーではないがザブラミノー123F。
 この時、ノーフィッシュを免れたという喜びはあったが、ミノーでも釣れるというところを、永らく釣れていないであろうゾッド将軍に見せられなかったという残念さも感じていた。
 夕刻が近付くにつれ釣り人が増えてきたことと、長らく反応が無かったことにより、主君にお目通りするため登戸に移動することにする。

 登戸到着。
 窟前では全作、半作、場末姫が堂々と、のびのびとキャットオペラを演じていた。
 どうやら幕は突然開かれたようで、追放者が慌てて逃げ出した形跡があった。
 さて、我が主君と先輩の臣はいずこに、と一望してみたところ降臨跡上流に発見。朕は対岸から見てもわかるほどカッコ悪いアナザー式キャスティングを決めて到着を知らせる。

 降臨跡上流に入り、主君に昨日のキロフィッシュの写真を見せて差し上げた。
 しかし、その魚種がニゴイだと知るや、夏侯章はハナクソをほじりだしてしまった。
 朕は主君の嗜好について無思慮だった己を愧じた。
 公孫戍によれば、アユの寄りが良かった間はスモールマウスの反応を得られていたが、今はまるで何も感じられないとのこと。
 流れとフラットはあるが、水深、カバーが足りないために魚を長く留めておけないのだろう。
 朕が堰下エリアは銀座状態にあったことを話すと、大野ゆうきの影響ではないかという。多摩川にシーバスを狙いに来たらしい。
 達人を真似るべきはそういうところじゃないよな、と、朕と公孫戍は笑った。
 本日のオペラ座の様子を話したところ、公孫戍は自分を見るなり一目散に去って行く追放者を見たという。猫肉骨粉劇場を面白くしている立役者は間違いなくこの歯抜け乞食である。
 かようにしてネタ満載の日曜日の登戸ではあったが、誰よりもネタを愛したはずの修羅はこの日も姿を見せることはなかった。
 笑いの種は豊富なエリアだが、釣れると感じさせてくれるものが無かったので、朕は独り五本松エリアに移動した。

 五本松対岸一帯は岸際にアユが列をなしていた。
 これほどベートが居ながら、それを窺う大型のフィッシュイーターが見えない。
 ここは違うのか、と疑念を抱きながら流しているうちに、からデカいニゴイをヒットさせているルアーマンが見えた。どうやら流芯周りでのヒットのようである。
 魚食魚が居ないのではなく、日中はカバー要素が弱いエリアであるため上空から見えるような所には出てこられずにいるのだろう。
 光量が落ちるまでどうにもならなそうなところだが、幸い今は夕刻である。
 そして光量が落ちてくると反応が出るようになった。
 最近、侯嬴こうえいが調子よく釣っているワッパープロッパーでのキャッチは成らなかったが、多摩川仕様のスーパースプークJrと、ほぼノーマルのチャガースプークで釣果を得ることができた。
 待っていればまた釣れそうな気配はあったが、空腹と夜風の冷たさに耐えられず、ここで納竿とした。

 窟前にはまだ何人かの人は居たが、天敵は去ったようだ。
 何故それがわかったのかといえば、昼は置き去りにされていた追放者の荷物が消えていたためである。

 ※マー語
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード