保険発祥の地へ

 6月1日。

 朕が釣行機会を逸している間に釣り廃人たちは釣果を重ねていた。
 一昨昨日は公孫戍が中野島エリアでスモールマウスを5匹、侯嬴こうえいは降臨跡上流でナマズを1匹キャッチ。
 更に昨日は侯嬴が降臨跡上流でナマズ3匹、スモールマウス1匹をキャッチしていたのだった。
 釣行機会を逸していたことによりストレスが溜まっていそうなところではあったが、この間、身近なところにWRONG SCALEのファンが二人もいたことが判明する、ということがあったので気分は晴れやかだった。
 世間的にはまるで無名でも、実際に音楽をやっている連中の評価はきわめて高いと知り、一種の高揚感を覚えていた。
 しかし、たとえそのような爽快な精神状態にあったとて、朕は礼をおろそかにはしない。
 「でもよお、おめえら新川では釣ったことないよな。大したことねえなあ…オォーイ!」と、伝説式で噛み付くことは忘れなかった。

 ようやくという感じで巡ってきた釣行機会。
 この日はより確実な釣果を求め、ドブにシーバスを釣りに行くことにした。

 帰宅すると例によってハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に冒されていた。
 夜の下げ始めの時間帯から開始のつもりで寝ようとしていたところ、李立よりメール着信。
 今日は釣りに行けるのか、との問い合わせ。
 釣りには行くが、今日は夜からドブシーバスだと答えたところ、李立は夕方からドブに行くとのこと。
 今や共にスーサイドマシーンを持つ身。それぞれの都合で行けばよろしかろう、ということで合意。

 上げ止まりを迎える頃、草庵を出る。
 ホームレス公園に入りたいところではあるが、潮位が高いうちは長靴でもなければ進入は不可能なため、十分に潮位が下がるまではケミカルワンドで過ごすことにする。
 かつて進入できた所が入れなくなったことによりポイントは減り、今年は魚の寄りも悪いという印象のある場所だが、状況次第で道筋が通ることもある。潮の巡り、風向き、ベートの動き次第では状況も変わる。
 その上での「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」なら結構なことだが、残念ながら修羅は前提なしの“もしかしたら”だった。
 故に、自分だけいつも釣れなかったのは当然の結果だったのである。

 現地入り。
 李立がこれからこちらに来るといい、ほどなくして合流。
 ホームレス公園には施恩も来ており、上げの時間帯から下げの途中まで過ごし、李立はシーバス8匹、キビレ1匹をキャッチし、施恩はシーバスを8匹キャッチしていたとのこと。
 そこまで釣れるならそっちの方が良いのでは?と朕は移動を促したが、李立がこちらに来た理由を聞き、ならばこちらで粘るしかないという結論に至る。

 シュガーミノー、CD3といったミノープラグで釣れることもあったが、バイトが多かったのは今回もマニックだった。
 朕はキビレ1匹、セイゴ3匹をキャッチ。
 李立はここではフッコ1匹、セイゴ2匹をキャッチしていた。
 釣れた数はこの程度だったがアタったとかバレたとか、そんな聞きたくもねー話は割とあり、潮止まりまでの時間を楽しく過ごすことができたのだった。

 この日、中野島エリアに入っていたという公孫戍より、50はあろうかというサイズを含む3匹のスモールマウスをキャッチしたとの報が入る。
 「多摩川のスモールは流れの絡む場所にワーム通すのがパターン、つまらねえ釣りだ」と、釣れない人ならではの汚ねえ唾を吐いてやったのは飯を食い終えてからのこと。
 日を跨いで深夜のメール送信。
 伝説アナザー氏の流儀によれば、これは完全なネチケット違反行為である。





スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード