FC2ブログ

おくり人

 5月24日。

 昨日、中野島堰上に入っていた公孫戍が4匹のスモールマウスをキャッチしたとの報が入る。
 ライトリグを用いる釣り人を多摩川でよく見かけるが、ライトリグが高確率のメソッドであることを体現できる釣り人は少ない。
 公孫戍はスモールマウス狙いにおいてライトリグが有効なメソッドであることを示し続けている。
 新川で鍛えたライトリグの釣りが本物だったなら、今頃は伝説三輪氏の釣果も高い頻度でここに上げられていたことだろう。

 連休初日が長潮と重なるとはついてない。
 今の時期、最も釣り易いのはシーバスだが、環境を味方に付けられなければ最も難しい魚になってしまう。
 こんな時は居る魚をどうにか釣るという、朕が最も苦手とするライトリグの釣りをするのがいちばん手堅く思われたので、中野島エリアにスモールマウスを狙いに行くことにする。

 昨日の雨の影響か、ポイントは増水しており、好調を期待させるものがあったが、やはり苦手の釣りのため要領を得ず、いかにポイント独り占め状態にあっても、公孫戍のように数釣りとはいかず、ウルティモペケニシモとペケニシモの二匹で終了。
 同日、降臨跡上流に入っていた侯嬴こうえいはというと、ワッパープロッパー、トップでの男らし~釣りで2匹のナマズをキャッチしていたのだった。
 簡単にいつでも、とまではいかなくとも、釣るためにはどうするか、何が出来るかを考えていれば多摩川でも釣ることは可能。
 「手堅さに走って自分らしさを見失っていると思わねえか」なる、切羽詰ったかのような問いかけは考える能力の欠如の表れか。
 朕は、自尊心と実力の不釣合いによって起こる悲劇について思いを馳せながら帰路に就いた。

 この日は風の吹く場所の様子を見に行くことは出来なかったが、よく釣る仲間が周りに居なければミノー投げてるだけで楽しいはずだろうから、心配には及ばない。





スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード