麒麟を擒える

 5月22日。

 昨日も釣り廃人たちは多摩川で釣果を得ていた。
 公孫戍は40クラスを含む8匹のスモールマウスを。
 侯嬴はナマズを2匹。
 このように、まだ新川で鍛えた本気を実釣をもって示す余地は十分にあるのだ。

 追放者の風呂場まで走り、今日は堰下狛江側を狙う。
 先日はライギョこそ釣れたものの、居ると確信を得て釣れたものではないし、スモールマウスやナマズといった本来釣るべき魚種を取りこぼしている。
 前回は「トライアンフの7フィートスピニングで釣れるかの実験」だったから仕方が無いと思えることにして、今回はプラグの操作に適した6,6フィートのキャスティングタックルを用いて新川で鍛えた本気で臨んだ。

 前回来た時より水量は減っていたが、流れ、見えるベートともに申し分なしに感じられたので、光量が落ちるのを待つことにする。 対岸には期待通りの風が吹いていた。
 びっクリプトン!
 キャストが下手なのは仕方のないことだとしても、バックラッシュで切ったラインを投棄するのを目撃してしまった以上、捨て置けない。
 クリプトナイトも持たずにゾッド将軍に善、不善を説くのは命懸けの行為といえるが、地球人として諭さずにはいられない。
 次に話す機会があったら地球の常識をこのクリプトン星人に説くことであろう。

 水量が減ったためなのか、月齢の影響なのか、この日は魚の活発な動きが見られず、夜も更けてきた頃にようやくチェイス、バイトが出るようになったがアタったとかバレたとかそんな聞きたくもねー話に止まる。
 キレるにはうってつけの現象は起こったが、残念ながら、この頃には対岸のクリプトン人は消えていた。
 天地を味方につけられなければこんなものか、と諦め、この日降臨跡上流に入っていた侯嬴こうえいに様子を訊ねてみたところ、向こうもアタったとかバレたとかそんな聞きたくもねー話に止まっているとのこと。

 一方、この日、中野島堰上エリアに入っていた公孫戍は好調で、ナマズ1匹、スモールマウス4匹という釣果を得ていたとの報が入る。
 グラブ、ストレートのソフトプラスチックを駆使しての釣果だというので、朕は「ナマズにワームは無いよ」と、かつて登戸エリアに出没していた未満人の言葉で僻んでやった。






スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード