FC2ブログ

不死譚

 5月10日。

 先日はワーク可能な時間がありながら、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されてどうにもならなくなくなるぐらいどうにもならない眠気に負け、機を潰してしまった。
 そんな日に中野島エリアに入っていた李立より、4匹のスモールマウスをキャッチしたとの報が入る。
 使い古されたレジェンドワードで応じた朕だったが、もし今の伝説三輪氏ならどんな僻み文句が飛び出てくるのだろうか。

 かくして迎えたこの日。
 気温がぐっと下がるほどに降った雨の影響で、中野島エリアが面白いことになっているのではないかと期待し、夕刻に出発。
 中野島上流の姉歯ンショーン下から大作ポイントにかけて流しているという公孫戍より、好調との報が入ってくる。
 現地にはみちみち向かうとのことなので、公孫戍が来る前にポイント独り占めの利を味わっておこうとした朕だったが、雨後にもかかわらずポイントは減水。
 バイトは極端に少なく、ようやくフッキングさせた重みのある引きもアタったとかバレたとか、そんな聞きたくもねー話に終わってしまう。

 やがて公孫戍がやってくる。
 大作ポイントでは活発なスモールマウスの動きが見え、ウルティモペケニシモからそこそこサイズのものまで12匹のキャッチに成功したとのこと。
 その勢いをここでも引き続き、というところではあったが、やはりアタったとかバレたとか、そんな聞きたくもねー話に止まるのみだった。
 環境が味方してこその技巧なのだと思い知らされての納竿。
 確実に釣れるポイント、と目論んで来たのにこの結果という悔しさを誤魔化すために「多摩川はもう飽きた」と伝説式に強がって帰路に就いた。

 同日、降臨跡上流に入っていた侯嬴こうえいは二匹のナマズのキャッチに成功しており、僻みの的となった。
 自分はいつも釣れず、周りだけが釣れている。その理由を考えるより自らの貴さを保つことに思考が働いてしまうのが伝説式。そもそもその己は果たして本当に貴いものだったのだろうか。
 “悟れよ、我”とは修羅が好んで用いていた歌詞であった。

 ※マー語






スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード