FC2ブログ

レジェンズ 伝説の熱い日

 5月6日。

 連休最終日。
 昼間は暑く、水の淀む登戸は避けたい。
 伝説ゆかりの地であり、猫肉骨粉、未満人、フォロワーサン、カプセル、と話題には事欠かぬエリアではあるが釣果を求めるには厳しい気がしている。
 これからはより流れの効いた所を求めるべきだろう。
 そこで、今年はまだ未踏の堰下足マンキー場まで下ってみることにする。
 アユの群れは見えるが、いずれも小規模。
 流れは太く、昨年はフラットになっていた一帯は再び掘られ、魚がよく通りそうな作りになっていた。
 岸沿いにベートを窺う魚食ゴイ、ニゴイは見えない。
 腰を据えてみたくなるものは発見できなかったので、目に付く変化にルアーを順に通していくことにする。
 幾つかの変化を打っているうちにBフォロワーを追うライギョを発見。
 スティッコー、イマカツ毛クランクを打ってみたが顔を向けることはあってもバイトにまでは至らず、そのうち深みへと消えて行ってしまった。
 まだ何か足りないのだろうということで移動。

 堰直下エリア。
 ここでは“希望”のなんたるかを知ることが出来た。
 流れの変化を探しながらルアーを引いているうちにストライクを得る。
 昨日の初ナマズに続き、今年初の関東巨鯉倶楽部達成。
 下流側に投げなければルアーが動かないという釣り人も居る中で、アップストリームに打ってもパホーマンスするベイトを知っていたことが幸いした。
 果たしてここで知った気がした“希望”とは本当にそうだったのか、確認するべく、もう一人の伝説史官、公孫戍の居る韓流ポイントへ移動することにした。

 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 公孫戍と夏侯章に咬みとぅいてみたところ、今日の登戸は釣り人が少なく、ボイルもよく見られ、釣れたのは最大でも30クラスだったが40台のバスも見えていたとのこと。
 主従に堰下エリアで起こった出来事について話したところ、朕が見たのはやはり朕が期待していたものだったと知る。 
 釣りはとりあえず釣れた程度のものであったが、風は今でも吹き続けていることを喜び合い、また次回合流を楽しみにということで解散となった。




スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード