FC2ブログ

荘周の悦

 5月2日。

 この日は久しぶりにグランドマスターの秦明や李立と共に川崎ドブでシーバスフィッシングを、という計画だったが、急遽秦明が来られなくなり、ジェダイ遊びの機会が流れてしまった。
 しかし、今の朕には独力でドブまで行ける足がある。ということで当初の予定を曲げず、予定通りドブへ行くことにする。
 そんな日に、昨晩降臨跡上流に入っていたという侯嬴こうえいより釣果写真が送られてくる。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、伝説三輪すべきところではあるが、今晩は朕もポイントを独り占めしてやろうと目論んでいたため控え、「夜のスモールはレスポンダー引いてくるのがパターン。つまらねえ釣りだ」と僻むに止めた。

 夜まで時間が十分にあるので休養を、と眠ろうとしていたところ李立より電話。
 「てたん!?」
 マー語を完璧に使いこなし、伝説三輪語も非の打ち所が無い。
 術としてのフォースを教えたのは朕だが、フォースを使いこなせているのは李立の方である。
 現在、多摩川に居て、ナマズもバスも見えているから来ないかという。しかし、朕は既にシーバスモード。多摩川行きは見送り、夕方まで眠った。
 目覚めると多摩川での釣果が届いていた。

 かくして、下げを狙っての「おめえばっかポイント独り占めしrてんじゃねえよ!」発祥の地へ。
 ここで二人組のシーバサーに会う。
 昨晩はバチイミテートのベイトが炸裂したとのこと。
 これで大丈夫か?と、朕がマニックを見せたところ、奇しくも彼らのヒットルアーもマニックだったとのこと。
 スモールマウスの表層攻めで活躍するベイトなので、すっかりバスルアーという意識になっていたが、そもそもシーバス用として売られている商品。そしてシーバスの世界ではメジャーなルアーなのだと知る。
 自分の隔世ぶりにすっかり嬉しくなった朕は、一歩進んだという実感を得ることが出来たのだった。

 さて実釣の方はといえば、序盤はウルトラライトミノーで釣れはしたものの、圧倒的なバイト数を得られたのはマニックであり、中でも白のマニックが抜きん出ていた。
 とはいえアタったとかバレたとかそんな聞きたくもねー話ばかりで、やがて白のマニックをロスト。
 同じマニックでもカラー違いのものではバイト数が極端に減り、からペンションが落ちてしまい、下げ止まりまでやりきることなくフッコ1匹、セイゴ4匹で終了となった。

 ※マー語





スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : シーバスフィッシング 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード