FC2ブログ

ガルガドット

 4月25日。

 監督がザック・スナイダーだということで『ジャスティスリーグ』を買ってみた。
 もし失敗だったとしても、ドルVSストンコ映画ほど酷い映画ということはないだろう。あれは『葉問2』に出ていたボクサー役の俳優が、いちおうキックもできることがわかったというだけの映画で本当に悲惨な内容だった。
 師匠とは親子ほどに歳が離れていながら“ぐっと来る映画”の話が出来る。
 と、師匠との合流が楽しみなこの先だが、雨が降ったら行かないとも言っていた。
 天候の推移が気になる。
 そんな昨日のこと、李立は伝説三輪氏も好きだった“朝練”とやらに出ていたとのことで、韓流ポイントでナマズ3匹、バス1匹という素晴らしい釣果を得ていた。
 朕は「あいつは釣り廃人だから」と、伝説三輪氏のように軽蔑の態度を示しながら、やはり内心、妬ましさで伝説三輪氏のように大いに泣いていた。

 当日、結局雨が降ってしまった。
 ナマズさんでさえ出発をためらうような状況だという。これでは師匠は来るはずもない。
 それならば一度睡眠をとって、荒れに強いと見込まれる中野島エリアに行ってみることにしよう。
 中野島なら公孫戍も仕事明けにでも寄れるだろうということで、中野島へ行く旨を伝え眠りに就く。

 17時頃に現地入りし、公孫戍と合流。
 開始からさほど経たぬうちに朕は40クラスを、公孫戍はナマズをキャッチ。
 しかし、これはイケるという昂ぶりを覚えたのは序盤だけ。
 最後までイケてたのは公孫戍だった。
 この日、公孫戍は30匹超えの釣果を得、朕はわずか4匹という結果。腕の差がはっきりと示される形となった。
 勿論、そんなことは決して認めたくない伝説三輪式心理を働かせ「オレが考えなしにやってると思うか」と半泣きになって凄み、己のヘボっぷりを隠せた気になって締め括りとした。







スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード