FC2ブログ

チャネリング

 4月23日。

 日曜日の昨日、登戸は釣り廃人、バギーズベイトと多くの釣り人が来ていたという。しかし、そうではあってもやはり新川節が聴こえてくることはなかったとのこと。
 いかに雉が囀ろうと、リアルレジェンドの面白さに及ぶ者は無い。
 捕食される当事者はたまらないだろうが、伝説人の捕食シーンは見る者にとって最高の多摩川娯楽である。
 登戸を訪れる伝説マニアはまたしても肩透かしを食らっていたようである。
 そんな登戸で、公孫戍はペケニシモのスモールマウスを3匹、張良はナイスサイズのレインボートラウトを2匹、
降臨跡上流に入っていた侯嬴こうえいは60クラスのナマズをキャッチしていたのだった。
 望まれている現象は起こらずとも、実釣の方はそれなりに充実していたようである。
 この日行くことができなかった朕は当然のように「オレにかまうな、上手い連中と仲良くやってくれ」と、泣いて返信した。

 そして迎えた当日。
 蝦が無事ならば、今日は相羽リグで二桁釣果だ、と意気揚々と韓流ポイントに向かって歩いていたところ、自転車がこちらに向かって来る。
 ゾッド将軍のように疾駆するのではなく、枯れ木のような、風にそよぐ薄のような自然な走り。
 そんな境地に遊ぶ師匠だった。
 昨年以来の再会。
 今日は様子を見に来ただけで、これから帰るところだという。
 朕は身をこごめていう。
 「今わたくしは相羽リグを用いて釣りをするところです。
 この相羽リグというものは生きた蝦を用いてバスを狙う法でありまして、その正確無比ぶりは、かのカットテールやセンコーも及ばぬという痛快さです。
 もはやお帰りになるとの仰せですが、どうか曲げて御覧になって行かれますよう」
 師匠は快諾し、手マンポイント入り。
 
 手マンにはナマズさんと蔡沢が居り、師匠との再会を喜んだ。
 さて、師匠の御前で相羽リグの威力を、というところだったが、この日は良型の寄りが悪く、ウルティモペケニシモのバスに蝦を持っていかれるだけという反応が出る程度だった。
 相羽リグ炸裂とは行かない状況にはあったが、蝦のトリガー性能は高く、朕もナマズさんも4匹ずつキャッチできた。

 スターウォーズがルーカスではなくバーホーベンがリメイクし、そのテイストでシリーズが続いてくれれば、スターウォーズは本当に面白い映画になっていただろう、という結論を得たところで夕刻が近付き、師匠は帰宅。
 もともと帰ろうとしているところだった上にタックルも持ってきていないのだから、伝説式に罵ることができなかったのが少し残念だった。

 師匠が去ってしばらく経って公孫戍がやって来る。
 朕は相羽リグが振るわないので、既に第二ラウンドの中野島エリアでのルアーフィッシングに向かっていて集中力が切れていた。
 ここでの収穫といえば、蔡沢が目撃してしまったという追放者の日中のカバー情報ぐらいのものか。
 度々橋を渡る姿は目撃されていたが、それは和泉多摩川の公衆トイレで体を洗いに行くためだったと判明。
 窟に住み込んでいるのでは?と冗談交じりに言っていたが、それってリアル乞食ではないか。
 わずか一年と少々の間に次々と新しいネタが生まれてくる猫肉骨粉劇場。
 これが存続しているうちは、修羅はぐれ者といった絢爛たる顔ぶれを見られなくても登戸通いを続けられるというものである。

 中野島エリア。
 しばらくして公孫戍もやって来る。
 朕が去った後、手マン、ケーポップでペケニシモながら6匹をスティッコーで釣り、そのとき話しかけられた釣り人からネット世界での面白い話を聞くことができたとのこと。
 そういうことならここで“赤痣のデブ”と書いておけば一層盛り上がるに違いない。フォロワーサン、囀り、つながり、マイミクサン、ネチケット…といった最先端の話題に興じつつ、釣りは続けられ、公孫戍は10匹という数字をたたき出す。
 一方朕は3匹となかなか数釣りの壁を越えられない。
 同じくスティッコーを使っていながらこの圧倒的な釣果の差。
 朕は己の腕前のことは無視し「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、スタンスが違うのだから釣果の差は仕方のないことというふうに持っていき、自尊心を保った気になることは忘れなかった。




スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード