FC2ブログ

TENAGAの快楽

 4月19日。

 蝦無き登戸エリアへ。
 
 と、韓流ポイントに入ってみれば既にナマズさんと蔡沢。
 ルアーでは反応こそ見られるものの、アタったとかバレたとか、そんな聞きたくもねー話ばかり。相羽リグを使っているガキんちょたちが釣れてはいたが、盛んという感じでもない。
 エリアを外しているようだ。
 結局釣れたのはスティッコーに食ってきたウルティモペケニシモのみ。
 冗談で買ったのがきっかけのスティッコーは、今やワームフィッシングには欠かせない位置を占めている。

 ナマズさんの撤退にあわせ、朕は公孫戍の居る中野島エリアに移動。
 ここでもスティッコーは活躍し、朕は3匹のキャッチに成功。
 一方、公孫戍は9匹と圧倒的。
 昨日の巨ゴイもスティッコーで?と尋ねてみるとTENAGAで釣ったのだという。
 テンガは快楽を得るための道具だが、TENAGAで快楽は無理、という釣り廃人たちの間での定説が覆る。
 
 帰宅し、カレーの晩餐を楽しんでいると、この日、降臨跡上流に入っていた侯嬴こうえいよりメール着信あり。
 今日はシマノのシーバスルアー、レスポンダーが釣れるかの実験であり、2匹キャッチできたとのこと。
 この功に対し、朕は「ナマズにシーバスルアーは邪道」と三輪式で、公孫戍は「侯くん、そのルアー大事に使った方がいいよ」とアナザー式で、それぞれの伝説式で称えた。


スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード