FC2ブログ

修羅泣き運河へ

 4月18日。

 昨日、李立より「多摩川来る?」という問い合わせがえってきた。
 娑婆に囚われの身であった時のこと。
 当然半泣きになりながら「オレにかまうな、上手い連中と仲良くやってくれ」と返答した。
 そして李立は釣り廃人としての務めを果たし、2匹のスモールマウスをキャッチしたのだった。
 更に同日夜、降臨跡上流域に入っていたという侯嬴こうえいより、ナマズキャッチとの報が入る。
 朕は涙目になり怒気を含みながら「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と返信した。

 迎えた当日。
 明日も休日の朕は、この日、今年初のシーバスフィッシングに臨むことにした。
 伝説三輪氏の前で面目が立つように、新川に行くことも考えたが、平日の都心部を走るのはいかにバイクであっても躊躇われる。
 更に中央区は朕にとって馴染みの無い街。
 新川に行くのなら人の少ない土日祝日に絡む日のほうが良いだろう。
 ということで勝手知ったる川崎、羽田方面に向かう。
 このことが修羅に知れたら「おめえには冒険心が無え」と批難されてしまうだろうが、事に当るなら不安要素は少ない方が良い。

 かくして下げ始めの時間を目指して出発。
 京浜港湾地帯、ポイントは無限に見えても、入れる場所が異常に少ないというのが泣き所だが梅雨時期までは高確率のエリア。
 シーバスは、メソッド的にはバスより易しい魚である。しかし、バイトを得た後のランディングはバスより難しいかもしれない。
 この日は「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」という名言が生まれたポイントが盛況だった。
 目に見えるベイトといえばイナッコ程度だったが、反応を得られるのはバチを意識したベイトだったり、アタったとかバレたとか、そんな話に悩まされたりもしたが、セイゴからフッコまで11匹釣ることが出来た。
 しかし、釣りに興じるあまり、龍盛菜館のラストオーダーに間に合わなかったのはいかにも残念だった。

 やや物足りなさを覚えての帰宅。
 携帯電話を見てみれば、公孫戍からメールが着信していた。
 この日も中野島エリアに入り、12匹のスモールマウスに加え80オーバーの巨ゴイもキャッチできたとのこと。
 30km近い距離を移動して得たフッコより大きな魚を、自転車で5分、10分程度の釣り場で釣られたことが癪でならなかった朕は「でもよお、公孫さんは新川では釣ったことないよな。大したことねえなあ…オォーイ!」と、泣きキレた。
 こんな発言をしてしまったのは、あの時の伝説三輪氏のように腹が減って気が立っていたためであろう。

 ※マー語


スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード