携帯電話からスローバラード

 4月12日。

 相羽リグができず、ルアーのみでバスを狙うのは厳しいことだ。
 しかし今日も休日。釣り廃人として怠るわけにもいくまい、ということで多摩川へ。

 韓流ポイント入りしたところ、ナマズさん、蔡沢の他、久しぶりの施恩が居た。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 朕はいつだって礼儀正しい。
 伝説直撃世代の朕と施恩は再降臨の可能性について論じ合ったが、施恩はその可能性について悲観的だった。
 ナマズさんの電話が鳴る。RCサクセションは撤退を促す悲しい調べである。
 ちょうどこの頃、公孫戍が到着。
 韓流ポイントが釣り廃人で満たされる。
 
 容易に反応を得られない時間を過ごしていたが、夕刻に入り、施恩はケーポップで30半ばをキャッチし、朕は手マンポイントで30半ばに針を呑ます。

 やがて、ナマズさん、施恩、蔡沢が撤退し、完全な日没を迎える。
 朕は蝦採りに興じ、公孫戍は釣りを続けた。
 結果、蝦は十分な数が採れ、公孫戍は3匹のスモールマウスをキャッチ。
 普段より時間の短いワークだったが、恙なく楽しめたということで満足し、次回合流を楽しみにしての解散となった。





スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード