FC2ブログ

偽装の高楼、再び

 4月6日。

 昨晩、降臨跡上流域に入っていた侯嬴こうえいはナマズ、バスに止まらず、マルタまでキャッチという素晴らしい釣果を得ていた。
 朕は勝ち組となって釣りという低レベルな競争を卒業していった伝説三輪氏に代わって「多摩川の魚はレイダウンミノー引くのがパターン。つまらねえ釣りだ」と言って僻んでやった。

 相羽リグのトレーラーが無いため、この日は日中のバス狙いを控え、夕刻から中野島エリアに入ることにする。
 李立より、今日は来るのか?との問い合わせと共に手マンポイントでの釣果写真が送られてくる。
 二匹のキャッチに成功したとのこと。
 ルアーでの釣果を諦めているところに、ルアーで釣られていたことが妬ましくてならなかった朕は「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、偶然頼みの伎量しか持ち合わせていないのに姿勢だけはガチだった修羅のように、烈火のごとく怒り、かつ、泣いて咬みついた。

 先日に引き続き、偽装で話題になったンショーンの見える地に立つ。
 程なくして、李立、公孫戍と合流。
 ポイントの解説を受けた李立はここでも伝説三輪氏をいじけさせた技量の冴えを見せ、8匹のキャッチに成功。
 このポイントの第一人者である公孫戍も後を追い7匹のキャッチに成功。
 そんな中にあって、居る魚をどうにか釣る釣りを最も苦手とする朕は1匹で終了。

 朕は、自分がどうしようもなくヘボいために釣れない、という事実を認めない伝説三輪式心理を働かせ「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお」と、そもそもの姿勢が違うのだから釣果の差は自分の落ち度ではないという気分になって納竿とした。
 それにしても、地上の光景は見飽きてしまうことがあるにしても、日々水中の様子は移り変わってゆく。目で捉えられずとも釣りを通して見えてくることもある。この絶え間ない変化を追っていれば飽きることなど無いはずだ。やはり、多摩川はもう飽きたなんて発言はいつも釣れなかったことがよっぽど悔しかったんだろうな、と思えてくるのである。
 誤魔化そうとすればするほど明らかになっていく矮小な本質。
 偽装事件が示した教訓について噛み締めながら、この日は解散となった。

 ※マー語


スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード