サンフランシスコファット

 3月28日。

 思うさま相羽リグが出来るだけの蝦を確保できたので、意気揚々と多摩川へ向かう。
 
 手マンポイントに入ってみればナマズさん、蔡沢の他、久しぶりに王孫賈おうそんかが居た。
 ナマズさんは既に、ファットアルバートのイモで3匹キャッチしたとのこと。
 公孫戍も現地入りしており、ケーポップに行ったとのこと。
 少し離れていた釣り人が40以上50未満といったでっぷりとしたバスを釣り上げていた。

 相羽リグは好調でナイスサイズばかり13匹。
 ナマズさんは相羽リグで2匹。
 好調の相羽リグに対し、ルアーのみで頑張る蔡沢はアタったとかバレたとか、そんな話に止まっていた。
 そんな賑わいの中、近くでデカバスを掛けたは良いが、取り込めずにいたデブちんが居たのでネットで取り込みを手伝ってやる。
 長い時間の掛かっていたランディングだったので、死なせないように早く逃がしてやったら?と朕が言ったところ、仲間に見せに行かなきゃ、と魚を持って歩いて行ってしまった。
 わざわざ現物を見せずとも写真を撮れば済む話なのでは、と思うのは平民の感覚であって、将軍様ともなると感覚、思考が違ってくるのかもしれない。 
 キャッチ&リリースの目的は釣り資源の維持にあると認識している朕には、釣れた魚に対し、犬猫のような畜生に接するかのごとく丁寧に遇する接し方が理解できない。

 相羽リグでの釣りは満足できたので、公孫戍の様子を見に行ったところ、40クラスから小バスまで9匹キャッチできたとのこと。
 魚は盛んに動いており、良いポイントさえ見つけられればルアーでも十分な釣果を得られることが示された。

 ナマズさん、蔡沢の撤退後、公孫戍はルアー釣りを続け、朕は消費した分の蝦を補充。
 満足できたところで終了とし、僕たちは今恋をしているコンビニへ。
 入り乱れる本物と偽物、フォロワーサン、つながり、インスタ蠅…我と我が身を削らなければ楽しめないあちらの世界は何かと大変そうである。故にこの漆園に遊んでいるわけだが、ここにもだいぶ腐臭が漂い出してきた。
 いよいよ青牛に乗り、函谷関を越えて行かなければならないのだろうか。
 ゾッド将軍を待ちながらバスフィッシングを語り、伝説の地を語り、また次回を楽しみにということで解散となった。






スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード