グリフォン式

 3月6日。

 一気に気温が下がる。
 川の側溝化が進んでからというもの、雨を素直に喜べなくなってしまった。
 増水に伴う堰の開放は、真直ぐになった本流を洗うので、魚が身の置き所を失ってしまうのだろう。

 北風の予報が出ていたので韓流ポイントに入ってみることにする。
 平日は貴公子も居ないので、気兼ねなくあちこちにキャストできるのが良い。
 手マンポイントには既にナマズさんが到着しており、朕は昨日の結果を報告した。
 予報に反し、実際に吹く風は南東及び東南東だが、降臨跡は重機が動いているうちは芳しくない。よってこのまま韓流ポイントで続けることにする。
 水色は程よい濁りだが、ドブ臭が気になる。
 ほどなくして蔡沢がやってくる。
 昨日の様子を伝えたところ、やはりか、と言いながらも、あの天候の中を自転車で来るのは無理だった、と悔しがっていた。

 風が強ければルアー、弱まっては相羽リグ。ここでなければあちら、というように過ごしていたが、いずれも反応を得られないまま夕刻を迎えてしまった。
 調和を無視して自然の理を強引に克服しようなどと試みたところで、もたらされる結果は凶である。
 ナマズさんの撤退と同時に、朕は堰下エリアにマルタを求めに行くことにした。

 堰下マルタ瀬。
 数は少なかったが、マルタの存在を示す波紋は見える。
 暗くなれば瀬入りの様子が見られることだろう。
 蔡沢がやって来る。
 帰路を辿りながらマルタのホットスポットを探しに行くとのこと。
 次に見えるのはいつになるのかまったく予測できぬ人だが、ある日突然ふらりと現れるのが蔡沢という人である。
 朕は「お道を」といって送り出した。

 いよいよ暗くなり、マルタの暴れだす様子が見られるようになる。
 この頃になると南からの強風となり、ベートの操作がままならなくなっていた。
 最もコントロールの利くベイトはレンジバイブTG。
 しかし、これをしても意に沿ったコースを通ることは滅多に無く、がれ場への度重なるコンタクトで見る見る傷んでゆく。
 捨ててもいいような安物ルアーはすぐに壊れてしまったり、釣る為に必要な性能が無かったりと役立たずな物が多い。
 ナマズ、スモールマウス、シーといったードでも釣れるなら高級ルアーを犠牲にした甲斐もあろうというものだが、わずか一匹のマルタのためにこんな酷使をするなど金をドブにちゃるのと同じではないか…。
 とりあえずボーズは回避し「多摩川で○回連続ボーズなし!」の伝説三輪式自慢は決められたが、この釣りにかかるストを考えれば喪失感の方が強く、すっきりしない気分での納竿となった。

 ※マー語






スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード