FC2ブログ

登戸暗闘秘話、G婆対歯抜乞食

 2月23日。

 平日。
 プレッシャーは低いが、ベイトとなる釣り人も少ない日である。
 伝説人が降りてこられることは一切期待できない日であり、潮回り的にも、天候的にもクールな予感のしない日。
 しかし、釣り廃人は時間が空いている限りこの道に在ろうとするものだ。

 韓流ポイント。
 既にナマズさんが手マンポイントに入っていたので「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」のお約束。
 先ほどまでいい匂いがしていたがすぐに去って行ったとのこと。
 あちこちにフォロワーサンだのつながりがあるので、何かと多忙なのかもしれない。
 朕は、先日はナマズさんが帰ってから釣れたこと、ナマズさんが撤退してからチャンスが巡ってくることが多いと言ってナマズさんを悔しがらせた。
 対岸には、容姿こそ朕の最初のルアーフィッシングの師匠に似るもその腕前は比べ物にならない釣り人とガキんちょが二名。
 ガキんちょはナマズさんの知り合いのようだ。
 ナイスサイズのスモールマウスを連釣していたが、釣り上げてからリリースするまでの扱いが酷く、あれではリリースする意味が無い、と朕はむかっ腹を立てていた。
 そんな念に呼応したのか、岸寄りにスモールマウスなのかラージマウスかの判別も出来ぬほど白カビだらけになった瀕死の大型バスが浮いてきて力なく泳ぎ去って行くのが見えた。
 キャッチ&リリースも、リリース後にその生命が失われるのなら意味が無い。釣れた魚に感謝の気持ちを込めて魚体をいじり倒すより、何の情も持たずそそくさと逃がしてやる方がましである。

 蔡沢がふらりと現れ、突如李立も現れる。
 はからずも釣り廃人が韓流ポイントを占拠してしまった。
 そこへ先ほどのガキんちょたちがやって来る。
 ナマズさんだけでなく、李立とも知り合いのようだ。
 そしてこのブログの読者でもあるというので、尚のこと、リリース前提の釣りでの心得を説く朕であった。
 啓蒙となるか、年寄りの冷や水となるかは本人次第である。

 反応が無いまま時間が経過していく。
 蝦が無いので表層での反応が無ければ無理、と捨てる朕と、無反応振りに飽きてルアーの泳ぎを見て楽しんでいるだけの李立。
 「いいから釣れよ」「おしゃべりしてないで釣りしなよ!
 伝説式の応酬で無聊を凌ぐかつての師弟。
 そんなだらけた気分を戒めたのは、寡黙の実力者、蔡沢だった。
 あまりのンボぶりに50はあるのではないかと色めきたつ一同。
 大雑把に測ってみたところ、残念ながら45を超えてはいたが50には届かず。
 しかし、誰もが釣りたいマンボバス。
 居並ぶ釣り廃人たちは「突き落としてやろうか」と、伝説三輪式でその功を称えた。

 ナマズさんの帰宅を促す呼び出し音が鳴り響く。
 ナマズさんにとっては悲しい合図だが、朕にとってはチャンスタイム到来を報せる福音。
 ナマズさんは泣く泣くの撤退となったが、残った者たちはいよいよ魚がシャローに入ってくる時間帯だ、と笑みを浮かべている。

 陽がだいぶん長くなった。
 なあに、完全な日没が来たら。
 と、余裕の構えでいたが何事も起こらず。
 蔡沢がここで撤退。
 今日の勝者にはいかなる伝説式罵倒も無力。
 風邪気味でちょっと辛いとのことだが、満足いく結果を得られたので長い帰路もさほど苦にはならないだろう。
 李立も「多摩川はもう飽きた」と、伝説三輪式で撤退。
 
 その後、蝦は採れたものの、ルアーの方は不発。
 20時になったところで撤退とした。
 「多摩川で二回連続ボーズなし!」の伝説式を決められず、一気に疲労感が押し寄せてきたので、この日は窟の様子を見ることもなくまっすぐ帰路に就くのだった。
 
 ※よく肥えていて丈もある様


スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード