カノジョサン元気してますか?ってフォロワーサンが言ってました(笑)

 2月12日。

 「でもよお、おめえら新川では釣ったことないよな。大したことねえなあ…オォーイ!
 そんな修羅の怨嗟の声が聞こえてきそうな今日この頃である。
 突出して釣ることはなくとも、バスだ、ナマズだと皆そこそこに釣れ続けている多摩川に於いて、突出して釣れていなかった伝説三輪氏。そんな修羅の怒りを躱すため、今年は都内で新川攻略を計画中である。
 大いに泣いて、釣りという低レベルな競争から卒業してしまった伝説三輪氏ではあるが、もし、その言葉通り本当に新川で鍛えていたならば、多摩川でもその功は無難に発揮されていたことであろう。

 降臨二年も二月に入っている。
 一度は復活した修羅のことを考えながら多摩川に向かう。
 道中、ミニストップで、ぐっと来るクソ映画は無いものかとDVDコーナーを物色していたところ、既に降臨跡に入っている侯嬴こうえいよりメール着信あり。
 見れば40クラスのスモールマウス。
 のんびりと「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と構えていた上辺だけのゆとりは呆気なくめくれ、「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と返信しポイントへ急いだ。

 降臨跡に侯嬴を発見し、朕は目を怒らせた泣き顔で「突き落としてやろうか」と、伝説式で祝福した。
 ボイルを見、公孫戍こうそんじゅに勧められたTKツイスターでバイトは出したものの、結局釣れたのはヤマモトのイモだったとのこと。
 40超えのナイスバスとあれば僻まずにはいられない。
 朕はレジェンドⅡの言葉を流用し「多摩川のバスはイモドリフトさせるのがパターン。つまらねえ釣りだ」と言って、伝説式に汚ねえ唾を吐いた。

 すぐに公孫戍と夏侯章かこうしょうがやって来る。
 40アップキャッチの報は既に伝わっており、「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、それぞれ伝説式で祝福していた。
 ナマズさんは韓流ポイントに入ったところのようで、昨日は二匹釣ることが出来たという。ルアー歴は短くとも、多摩川でのルアー釣果は伝説三輪氏の多摩川ルアー釣果を既に大きく上回っているかもしれない。

 この日は祝日でありながら、水門工事が行われていた。
 訪れる釣り人は少なかったが、このぐらいが程よい賑わいだと思う。修羅が捕食に不自由せず、釣り座にも不自由しないという状況である。
 今日はよき日、と楽しんではいたものの、無反応の時間が続いていた。
 風向きはこちらに魚を寄せるような吹き方だが、工事によって起こる地響きの悪影響は否定できない。
 とはいえ、そんな中でも侯嬴は釣っているのだから諦めることもないだろう。

 徐々に光量が落ちてくる。
 重機の動きが止むと、コイの動きが目立つようになり、小魚が跳ねるのも見えるようになった。
 公孫戍が、三、四本の細い筋が水面に走るのを見たという。
 流れの変化が見える一角でのこと。
 半ば惰性になっていたキャストにも身が入る。
 朕は表層を、公孫戍はボトムを引いていたところ、表層にストライクがあった。
 やたらと引くので大きいのかと思ったが、寄せてみればペケニシモ。
 「ああ、そのサイズかあ」と、童威に言われてしまいそうなスモールマウスだった。
 がっかりしたかといえばそんなことはない。
 ハードベートでの釣果なのでレジェンドⅡいうところの「男らし~釣り」に適っているし、「多摩川で二回連続ボーズなし」という伝説式自慢ができる権利が発生したからだ。

 完全な日没となり、侯嬴はここで撤退となる。
 今日の勝者に伝説式の罵倒は無粋、ということで次回合流時の、らーめんはうすでの宴について詳細を詰めた後、送り出す。

 韓流ポイントへ。
 昨日までは車道側から丸見えだった窟も、今日は車道側にも耐寒扉が設えられていた。昨日、我々が窟内を覗いていたことに気付いて慌てて拵えたのだろう。
 常に新しい動きがある猫肉骨粉問題は見る側を飽きさせることが無い。

 韓流ポイントは珍しく無人だった。
 手マンには朕が張り付き、ケーポップには公孫戍と夏侯章が入った。
 朕はシャローにはワンダー、マニックを通し、深みのあるカバー周りには普段投げているスティッコーやファットアルバートイモではなく、びらびらが艶めかしいグラブを通した。
 年間を通してストレート系はよく釣れるが、ある時期に入るとスモールマウスの口に入る限り派手目のワームの方がストライク率が上がるようになる。
 と、あれこれと策を弄していたものの、結局いずれも反応は得られず、朕は空腹のため集中力を失っていった。 
 さて、ケーポップの方はどうか、と見に行ってみれば、こちらも反応は得られていないという。
 20時を迎えていたこともあり、ここで僕たちは今恋をしているコンビニへ。

 反省会、ミーティング…レジェンドⅠは手下どもを集め場を仕切るのが好きだった。
 しかし、釣りに託けて自らの威を揮いたかっただけで、釣りのことは実はどうでもよかったのかもしれない。
 やがて、手下どもが本格的に釣りに目覚め、理と結果を語るようになると、ミーティングとやらは開かれなくなり、釣りに誘われることも無くなってしまった。
 身の程を知らず調子に乗って囀ってしまったばっかりに、自らを追い込むことになってしまった雉人たちについて語らい、我々も人として、あのような過ちは犯さぬよう気をつけていこうと誓い合った。
 そして今宵もゾッド将軍が駆け抜けて行くことはなく、次回合流を楽しみに、ということで解散とした。








スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード