祓魔祈願

 1月14日。

 日曜日。
 しかし、気温低く、風冷たい天候。
 これでは寒いからといって真っ先に帰っていった根性が無え修羅は最初からベイトを捕食したいという欲求が起こらないだろう。
 今は、明るい時間帯にストライクを得るのは難しいと感じているので、難しいものを努めて釣ろうとは考えず、光量が落ち始める時間帯に態勢ができているようにして草庵を出る。

 登戸入り。
 もし登戸名物が現れるとしたら降臨跡だろうが、寒波の影響下にある今日は100%降臨が無いと言い切れる。
 ということで、ライブベイトを保管してある韓流ポイントから始めることにする。
 手マンポイントにはナマズさん。
 水面は風で波立ち、ライブベートには厳しそうな雰囲気。
 案の定、相羽リグは飛ばせず、徒に蝦を失うのみ。
 結局、風が弱まるまでルアーをやるしゃなかった。

 トップ、ボトム共にルアーへの反応は一切無いまま、やがて風が弱まってくる。
 おあつらえ向きに光量も落ちてきた。
 今が使い時だと感じ、10匹ほど残っている蝦を使いきるつもりで打ってみたところ、早々にストライクを得る、が、フッキングを決められず、次々に蝦だけを失っていく。
 とはいえ、機が来ているのだkら二の矢、三の矢を放つべきである。
 ナマズさんも相羽リグをセット。
 フックセットのタイミングを掴むまでロスも多かったが、何とかキャッチ成功。
 既に現地入りしているはずの公孫戍こうそんじゅに状況を伝えようとしていたところ、公孫戍だけではなく、夏侯章かこうしょうと童威も現れる。
 魔女の呪いが解けた我が君主に祝辞を述べたくはあったが、釣り廃人の性か、この機を逃したくないという気持ちが勝り、残り一匹となった蝦をセット。
 ナマズさんはストライクを得てはいたが蝦だけ持って行かれていた。
 一切の無駄が許されなくなっているので、プレゼンテーションからフックセットまでを慎重に行ってフッキング成功。
 寄せてみればなかなかのサイズ。
 大雑把に測って40以上45未満といったところ。
 川崎スタイルはここで終了。
 ここから通常のルアーフィッシングに戻る。

 ナマズさんの撤退後、長らく誰も反応を得られずにいた。
 こんなことなら、かさばるのは厄介でも蝦採り網を持ってくるべきだったと後悔。
 呪いが解け、今年初釣行となる夏侯章を訪ね、本復の喜びを表そうとしていったところ、まだ本調子ではないとの仰せ。
 従者の公孫戍曰く、今年は既に主だった釣り廃人たちがことごとく初釣果を得ていると聞いて抑えが利かなくなり、無理矢理の出征だったとのこと。
 君子は栄観ありといえども燕処して超然たり、というが、魔女の毒がことごとく君子の紀を乱してしまったのだ。
 或いは、夏侯章ほどの人でも至人には届かず、まだアキレスの域でしかなかったのか。
 結局、ルアーでは「アタったとかバレたとかそんな話は聞きたくねーんだよ!」から先へは進めず、糸撚れが原因で直接ラインを持ってファイトすることになった挙句バラしてしまった公孫戍は「やっぱステラじゃなきゃだめかな?」と言い出す始末。
 そこで朕は、ステラでなければならないのは、メバル狙いでビフテキというリグをシェイクする時であり、ステラが良いのはハンドルのがたつきによる振動が無いからであって、糸撚れ問題を解決するためではない、と伝説式の誤った用法を指摘した。

 20時を迎えて納竿とし、さて、僕たちは今恋をしているコンビニで温かい汁物でもすすりながら伝説式疾駆を待とうという気分であったが、夏侯章に掛かった呪いは思いのほか強力で、まだその身に耐寒機能が戻っていなかったことが判明。
 君主様にはしっかりと養生していたただくため、伝説式疾駆観賞を捨て、釣り場での解散となった。


 ※マー語




スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード