FC2ブログ

小泉式導入

 11月20日。

 昨日の多摩川はその他の登戸プレミアムな収穫こそ無かったそうだが、釣果は充実していたようで、夏侯章は40アップ含む二匹のスモールマウス、公孫戍は30クラスのスモールマウスを三匹キャッチできたとのこと。
 しかし、例によって証拠となる写真が無い。
 そこで朕は「みんなあいつらは上手い上手いって言うけどよお、あいつら本当に上手えかあ?」と、伝説三輪式に僻んだ。

 この日はアユが集まってくるのに呼応してやってくるナマズを狙うため、網目の蓋付きバッカンを用意して臨んだ。キッカーフィッシュをこれに隠しておこうというのではない。ライブベートとして捕獲したアユを生かして確保しておくのが目的である。
 今日はアユでデカナマズだ、とンションも高めに多摩川を目指した。

 登戸入り。
 今日は追放者が居ないのか、オペラ座の動きは活発だった。
 メーデンの他は新人ばかりのようだが、それぞれが伸びやかに演じている。
 この様子を見て、伝説人不在の寂しさが紛れ、実釣開始となる。

 降臨跡、琵琶湖ポイントにベートの気配は希薄。
 爪の大きさほどの小魚の群れとボイルは見られたが、どうにも魚が少ないといういう印象。冷え込みの影響で浅い所に魚が寄らないのだろう。

 同じ浅場ではあるが、先日大量のアユが入り込んできていた新川河口はどうか、と入ってみたところ、ここにもアユは見えなかった。
 しかし、ここには先日の名残があるのか河口と本流の境界付近にナマズとニゴイを見る。
 彼らはこの一帯でエサを求めているに違いない、ということで河口から本流に向けてレンジバイブを扇状にキャストしてみたが反応は得られず。
 
 オペラ座下一帯の大きなカバーと深場の隣接するポイントに、偶然にもここに固執する二、三匹のスモールマウスを発見。
 スティッコーのジグヘッドリグでスイミングさせたりボトムをゆっくり引いてきたりしていたが反応は得られず。
 プレッシャーが掛かってしまったのかと思いきや、10センチ未満の小魚の群れが通ればチェイスするのが見える。
 もしやと思い、スティッコーをジグヘッドリグからスプリットショットリグに替え、追うバスが見えた周辺を引いてみたところ、さほど待たずしてストライクを得る。
 とりあえず釣れはしたものの、このかったるいメソッドでなければ釣れないほどセレクティブなのかと思うと気が滅入ってしまった。
 釣り方はわかっても続けられるものではない、ということでわざわざ用意した小泉式の出番も無いまま納竿とした。

 帰り際、窟から出てくる追放者を発見。
 朕が凝視していると、観念したかのように会釈していた。
 かつてのように景気の良い話をしてくれやしないだろうかと期待していたが、すごすごと窟に戻って行ってしまったのだった。

 ※マー語




スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード