FC2ブログ

レジェンド日和

 11月9日。

 水が回復するまでどうにもなるまいと思いながらも「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」と、レジェンド泣きしてでもフィールドへ向かうのが釣り廃人としての務めというものだ。
 新しい足が、伝説三輪氏に“無い”と罵られていた冒険心を呼び起こし、普段行くことのないエリアに行ってみようという気にさせてくれた。

 稲城大橋下の温排水流れ出しは年中状態が安定しているはず、と入ってみたところ、排水の中には無数の小魚とその周辺に多くの魚食鳥が見える。 
 いかにもナマズが釣れそうな風景だが、見えた大型魚はコイのみ。
 伝説二世誕生以前の時代に来た時は、流れ出しと下流側の段差が急で、ここを境にエリアが分断されているかのような作りだったが、今は段差が少し平らかになり、魚の行き来も出来るようになったのではないかと思われたのでブロック帯のところまで足を延ばしてみた。
 しかし、巻こうが落とそうが反応を得られることはなく、バス、ナマズの気配共に感じられず、移動。

 対岸に渡り、中野島堰上一帯のどこに入ろうかと眺めてみたが、強風、波立つ水面に気勢を削がれ手を出さず。
 出発前までは羽村の堰まで行ってやろうかぐらいの気でいたが、今や気力も萎え、それほど遠くない宇奈根の様子を見に行くことにする。

 宇奈根に入ってみたところ、相変わらず魚が居つきそうな状態にはなっておらず、数投しただけで打ち捨てる。
 そしてこれだけ上流側からの風が強ければ韓流ポイントのシャローが生きるか。
 移動である。

 韓流ポイントではレンジバイブをひたすら投げた。
 荒れればさしものスモールマウスも目の働きも雑になるのか、横の動き、ハードベートのアピールにも積極的な反応を示すようになる。
 そんな期待もあってキャストを続けてはみたものの反応は得られず、やはり本となる環境が戻ってきていないのだと知る。
 これ以上打つ手無しの八方塞り。
 こうなってはいかに釣り廃人と雖も続行はできない、ということでまだ陽は高かったが撤退とした。

 一方、もう一人の釣り廃人公孫戍こうそんじゅはこの日も中野島エリアでしっかり釣果を得ていたのだった。
 今日もまた「多摩川で○回連続ボーズなし!」自慢の権利獲得。
 知識と腕が伴えば釣ることは可能であることを示す。
 こうしてみると、レジェンドⅡの「多摩川はもう飽きた」発言はあまりにも早過ぎたものであったし、苦し紛れの無思慮なものだったということもよくわかる。
 「オレが考え無しにやってると思うか?」と凄んではいたが、結局ろくに考えてもいなかったのだろう。



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード