FC2ブログ

修羅、嘗てバスロッドの限界を知るや否や

 10月31日。

 先日の土曜日、朕は娑婆に押し込められていたが、公孫戍と夏侯章は釣り廃人らしく多摩川で修めており、公孫戍はアタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!な結果に終わってしまったとのことだったが、夏侯章は常人には及ばぬ至人としての境地を見せ、回復するまで無理ではないかと目されていたスモールマウスを得ていたのだった。
 朕は「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、伝説三輪氏のように負け惜しみを贈った。
 一方、荊蛮の地に遊ぶ釣り廃人の史進より和歌山での釣果が送られてくる。
 タチウオはリーダーを切られ釣れなかったが、アジは入れ食いになったとか。
 朕は、想像もつかぬ土地での釣りを楽しむ者をやっかんで「何だ、アジしか釣れねえのか。だらしがねえなあ」と、伝説式で返答した。

 昨日は公孫戍が中野島エリアで釣果を得ていた。
 先日のノーフィッシュがあったので、伝説式鬼の首獲り自慢はできなかったものの、多摩川での釣獲率の高さは目を瞠るものがある。
 或いは、「でもよお、公孫さんは新川では釣ったことないよな。大したことねえなあ…オォーイ!」とキレておくべきか。

 ようやく迎えた朕自身の釣行日。
 日本人がハロウィンなどといって浮かれてる様の醜さよ。同じ日本人でいるのが恥ずかしくなる時だ。この気分、突然サッカー人気が始まった頃のそれと似ている。
 さて、気分な娑婆から逃れるには漆園に行くに限る。しかし、多摩川の水は依然戻らぬまま。ならば更に遠くへ逃れねばなるまい。

 かくして逃げ込んだ先はかつてのホームフィールド、川崎海ドブ。
 ここは世知辛さが凝縮されたようなエリアでもあるが、それでも間隙はあり、世間に居るよりはまだましだ。
 この日は特に伝説式保険もかけず、少しだけ飛距離の向上を意識して、使用ロッドを6,6フィートのカベラス・プラチナムから7フィートのUSAシマノ・コンプレに替えただけ。既に実績を築いてきた道具なので実験にはならない。ルアーも用途がわかって用意したものばかり。
 つまり、新川で鍛えた本気を実釣をもって示すな仕様である。

 ポイントに入り本気を出してみたところ、早々にこれまで正解はやり尽くして来たという修羅に邪道といわしめたジャーキングメソッドのレアリスジャークベート100にフッコがヒット。
 後が続かず、目先を変え、ベートの波紋が立つ暗がりでCD9を巻いていたところカマスがヒットする。
 メインベイトは10センチ程度のボラで、騒がしい水面の様子が度々見られていた。
 魚はからえってきており反応も悪くなかった。
 スーパースプークJr、リッジ90F、CD9といったベイトにフッコのストライクが何度かあったが全てばらしてしまう。
 強いロッド、強いラインを恃んだ強引なファイトが原因と言えなくもないが、かつて伝説三輪氏が「オレはバスロッドの限界を知っている」と豪語していたことがある。
 すなわちこれこそがバスロッドの限界なのかもしれない。
 かくしてシーバスはばらしまくってしまったがードのドブカマスが釣れていたので、短い時間の間によく釣れたという印象があった。
 やがて然るべき場所での反応がまったく止んでしまったことにより潮時を知り、撤退とした。

 釣りが終わった後はしっかりと塩落としをし、龍盛菜館で食事を楽しみ、と今回もドブ釣行を満喫できたのだった。

 ※マー語
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード