FC2ブログ

ハイッ、今日も釣れませんでした。以上!

 10月17日。

 昨日は十分な時間がありながら、冷たい雨の前に釣行を断念してしまった。
 きっと、最も根性の無かった人の知るところとなったら「おめえには根性が無え」と非難されてしまうだろう。

 この日、午後になってようやく冷たい雨が熄む。
 ナマズさんから、堰下エリアでナマズが好調だという話を聞いていたので、まずは堰下エリアの様子を見に行くことにする。
 雨による増水で流れが強くなりすぎ、釣りにならない状況になっていることも予測されるが、行ってみることだ。
 もし、理想通りの状況になっていないからといって「おめえがいいって言うから来てみたけどよお、釣れねえじゃねえか!」と、伝説三輪氏のようにブチキレるのは危険である。何故なら、なまくらになってしまった朕と違い、ナマズさんは現役の武芸者でもあるからだ。

 堰下に入ってみたところ、濁りはいい具合だったが、水勢が強すぎた。
 流れに強いレンジバイブTGをしても、こちらの意に沿ったラインを引いて来れない。
 もう少し流れに多様性があれば、ナマズだけでなく、シーやスモールマウスが、ジャークベートやリップレスクランクでいけそうなものだが…攻め切れない以上どうにもならぬ、ということで諦めることにした。

 韓流ポイント。
 キャロライナリグを組み、先日は曖昧な感触だった箇所を明らかにしてやろうと試みる。
 さすがにPEラインとキャスティングタックルで投げられる重量のシンカーの組み合わせはボトムを掴むのにストレスを感じない。
 しかし、何度もひどい根掛りに悩まされることとなった。
 ブリットシンカーはことごとくカバーに食い込み、根掛り回避率が抜群に高いクロダイシンカーをしても容赦ない根掛りに襲われる。
 ここは根性と根気で、と、めげずに挑み続ける。
 陽が傾き、皆殺しのトランペットが対岸に響き渡る頃、遂に最後のクロダイシンカーをロストしてしまう。
 かつてこれほど河伯に一途な貢物をしたことがあっただろうか。
 結局、ボトムを取るのにストレスを感じながらもライトリグを用いるのが、ここでは最善の策のようだ。

 帰路、僕たちは今恋をしているコンビニの前を通る。
 今日は交通量が少なかったので、先日より詳細を見ることが出来た。
 何と、伝説観覧席が残されているではないか!
 かくして、次回、江三子との合流がいよいよ楽しみになり、シンカーやルアーをロストしまくった悲しみも忘れることができたのだった。



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード