FC2ブログ

君子の名は

 10月14日。

 下降の雨、長潮。
 釣果を確実なものにしたければ、行かない方が賢明である。しかし、朕は釣り廃人であるため、体が動く限り行かずにはおけない。
 多分釣れないよ、今日は厳しいよ、などと言われたとしても「おめえ、何でそんなことがわかるんだよ!」と、本気で泣きキレて修羅すればよい。

 帰宅後、一寝入りし、夢か現かはっきりしないところに電話が鳴る。
 「ウェイ?」
 広東語で答えたところ、
 「しこしこ?」
 と返される。
 この声は、我が君主のもの。
 第一声がこんなしょうもない言葉とはさすがだ。
 「雨降ってるし、寒いし、風邪気味だから行かねえ」
 との仰せ。
 朕は、君子の何ら気取りの無い天真爛漫なる発言に感銘を受け「かしこまりてございます」と答えた。
 君子の聖徳に浴する機会が損なわれてしまったのは残念であるが、朕は伝説の修羅に「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお」と泣かれたほどの釣り廃人である。
 合羽を着込んでいざ出発だ。

 韓流ポイント。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、泣きキレられそうなほどの独占状態。
 見た目にもわかるほどに流れの変化があり、適度な濁りもあり、となかなか良い印象。
 流速に応じて、1/16オンスのネイルを入れたエコギア・ファットグラブのイモや、スティッコーのスプリットショットリグで手マンポイント、ケーポップポイントを探る。
 しかし、ボトムの感触がどうにも曖昧だ。8lbナイロンに極小のスプリットシンカーでは厳しいのか。ファットグラブに替えても改善された気がしない。カバーに捕まる感触や、バイトしてきた感触も時々あったりもするが、どうもすべてがあやふやな感じがしてならない。
 風の影響もなきにしもあらずだが、概ね集中力の問題だろう。

 結局、最後まで意識が定まらないまま、ノーフィッシュで終了。
 せっかくバギーのおっちゃんも羨むような“ポイント独り占め”状態にあったのに「スティッコーだってさんざん引いたさ!でも釣れなかったんだよ!」と、泣いてキレなければならない結果となってしまった。

 帰路、リニューアルオープンした僕たちは今恋をしているコンビニ前を通る。
 詳細を見ることは出来なかったが、店内には再出発を祝う沢山の風船。かの伝説人も、一人の女にだけではなく店全体に施すぐらいの気が利いていたなら或いは…と、思うのだった。
 
 




スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード