FC2ブログ

あ、これぇ~?

 10月12日。

 一昨日、中野島エリアで公孫戍こうそんじゅがとんでもない釣果を得ていた。
 何と、オイカワ。
 ラージマウス、シー、ライギョは達成者認定魚種に置いているが、誰かが釣ったとしても、れっきとしたルアー対象魚。羨ましくはあっても驚くには値しない。
 しかし、オイカワである。
 ブラック狙いのイモに食ってきたードであったとしても値千金の釣果といってよい。小バスも何匹か釣れたとのことだが、オイカワの衝撃が強すぎたため、いつの間にか及川奈央について語り合うようになっていた。

 更に翌日、公孫戍がまたしてもバスをキャッチしていた。
 このポイントは小型ばかりだというが、釣れるポイントを押さえているのは大きい。むやみに伝説式保険に頼らずに済むうえ、伝説式鬼の首獲り自慢を謳うことができるからである。
 伝説式保険は、用いた本人は自分がヘボくないと思えても、他人からの「釣れないのはそもそもアンタがヘボいからじゃないの?」という突っ込みに耐えきれないという致命的な弱点がある。
 広く伝説語録に親しんでいれば何の問題も無いが、知らなければ無様に泣きキレるしか道が残されていない。

 かくして迎えた当日。
 この日は公孫戍が午後から空くというので、中野島で合流しようということになった。
 このところの、ライトリグによるスローな釣りにストレスを感じていたので、この日は流芯周りのナマズを狙うつもりでキャスティングタックル、ハードベイトのみを用意して臨んだ。
 伝説三輪氏の好む男らし~釣りにして、今日は大作ポイントでハードベートが釣れるかの実験にもなるので、ノーフィッシュを恐れなくても済む。

 スクーターを新調したのち、中野島堰上に入る。
 公孫戍は既に現地入りしており、ポイントに入ってみると上青の他、見知らぬ釣り人も何人か居た。
 ここは「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」 と、吠えておくのが正しい礼儀というものだが、いかに登戸エリアで名を馳せた伝説三輪氏だとて、その威光はこのエリアにまで及んでいない。登戸エリアでは格式ある礼も、ここではただの発狂としか思われない恐れがあるので控えることにした。
 聞けば、上青はレンジバイブで30半ばを一匹、公孫戍はイモとスティッコーで三匹のキャッチに成功したとのこと。
 やがて岸際をゆっくりと遡るナマズを発見。
 追いは弱かったが、ルアーに興味を示している。ゲンゴールを目の前に落としてやったところバイト。しかし、合わせをくれたところすっぽ抜け。
 ゆるりと流芯に向かって逃げて行った。
 大作ポイントより上流の激浅ワンドにもナマズは居たが、これはルアーを避けるような動きを見せるのみ。

 早くも日没の時を迎える。
 大作ポイントは水量水勢が十分にあり、大作の裾野にはシャローフラットもある。
 フィーディングの魚食魚が回遊してくる要素が備わっているのでキャストを続けていたが「中野島は見えてくるものが無いのう」な、伝説三輪状態が続く。
 上青が撤退してからも、朕と公孫戍は「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」と、泣きながら粘っていたが、遂に何事も起こらず。

 朕はまたしてもボーズに終わってしまったが、公孫戍は連日釣果を得ている。
 そこで、朕は「おめえは一軍、オレは二軍。そういう考えやめねえか?オレたちそもそもそういう付き合いだったか?」と、泣いて噛み付いて締め括った。

 ※マー語



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード