FC2ブログ

帰路、二台の三輪車を見る

 10月3日。

 平日、単独での釣行。
 プレミアは求めず、ただ釣果だけを追う日。
 朕は釣れないからといって、自分のヘボさ加減を棚に上げて釣りという低レベルな競争から卒業したりはしない。

 昨日はマルタが釣れるのみで終わってしまった宇奈根に入る。
 だいぶ水温が下がってしまった今だが、夏ほどの力は無いにしても、強く太い流れ、それに絡むカバーは注視すべきであろうと考えてのこと。
 一帯を見ればアユやコイの他にフッコ、セイゴが見える。
 スピナーを引けば、フッキングまでには至らないものの、セイゴがバイトしてきたり、アユがアタックをかけてきたりしていた。
 流れと流れの境目で捕食を行っているのはスモールマウスかシーか、と脈ありな雰囲気を醸し出していたが、スモールマウスの反応は得られず、見えたスモールマウスは超小型のみだった。
 水温低下に入っている今は、より大きな水塊が留まるような場所を好むのだろうか、ということで韓流ポイントに移動する。

 韓流ポイント。
 到着時、一帯の流れは微弱で、表面の水は汚かった。
 水面はこうでも、水の中はどうなっているのか想像がつかない。大規模な小ブナのスクールが出来ているところを見ると、見た目ほど水は悪くないのかもしれない。
 どういう基準で堰の開閉を行っているのかはまったく不明ながら、ある時堰の放出量が増える。
 陽が沈んで少し経った頃、水面に見えていた油膜のようなものが流れていくようになった。
 スモールマウスは普段、この辺のカバーに張り付いてじっとしているのか、回遊で入ってくるのかまではわからないが、水が動くとき、ボトムのカバー周りに機が生ずるのはこれまでに何度も見ている。
 手マンポイントとケーポップポイントを行き来し、ケーポップポイントのカバーにスティッコーを通した時、ストライクを得る。
 次第に北風が強まり、ライトリグでは狙いのリトリーブコースを引いてくるのが困難になったことにより、ワンダー60にルアーチェンジ。
 風の当るシャローを打つ。
 波立つほどの状態になっているので、ハードベートでも騙しは利くだろう、とキャストする。
 ところが、数投のうちにバックラッシュしてしまった。いうまでもなく、スピニングリールのバックラッシュはキャスティングリールのものより厄介である。
 解けそうにも見えたので、少し強めにラインを引っ張ってみたところ、バックラッシュ箇所のラインが切れてしまった。更に、強風が切れたラインを持っていってしまい、ルアーもロストしてしまった。
 なかなか店頭で見なくなってしまったワンダー60なのに…と、意気消沈し、新たにリグを組む気力も湧かず、撤退とした。
 
 最後に泣きが入ってしまったが、やがて「多摩川二回連続ボーズなし!」と、レジェンドⅡのように喜べたのは、帰路、時同じくして二台の改造三輪車を見てからのことだった。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード