FC2ブログ

聖王の帰還

 9月30日。

 雨続きの日々も終わり、そろそろ水勢も落ち着いてきているだろうということで、この日は江三子や李立と合流前に宇奈根に入ってみようとしていたが、昼食を終えたところ、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気のため、一寝入りしてからの出発となり、宇奈根行きを諦める。
 既に公孫戍と夏侯章は登戸に到着しているようである。

 登戸オペラ座前。
 ソープオペラは開催されておらず、登戸名物の三輪車も無かった。
 降臨跡一帯には伝説三輪氏のベイトが濃かったが、ベイトを漁っている様子は見られず。
 ベイトの群れの中に公孫戍、夏侯章、セニョール、蔡沢、師匠の姿あり。
 朕が居なくても、レジェンドⅡのヘボっぷりを知る人物がこれほど居ては朕が居なかったとて降臨は厳しいか。
 更には三輪氏の天敵の一人、李立もやってくる。
 ここで伝説降臨の希望は完全に断たれてしまった。
 
 今日の様子はといえば、夏侯章がオペラ座下でスモールマウスを一匹キャッチしたという。しかし、写真が無い。
 そこで朕は「みんな夏侯さんは上手い上手いっていうけどよお、あの人本当に上手えかあ?」と、降りてこられなかったレジェンドⅡの代わりに僻んでやった。

 琵琶湖ポイントのプレッシャーは高く、釣り人の行き来も激しい。
 アユの群れは少なくなく、李立がライブベートにしてキャストしていたが、あらゆる魚種の反応も得られなかったことにより、朕と李立、蔡沢は韓流ポイントの様子を見に行くことにした。
 この間、公孫戍はBスイムトリガーでウルティモペケニシモをキャッチしたとのことで「男らし~釣り」と、伝説三輪式アピールをしていたが、ブレードクロスシリーズはバギーのおっちゃんが認めない、使いどころがわからねえベイトであることを忘れているようだ。
 オペラ座は場末姫と新参のキャラクターたちで賑わっており、彼らの目を避けられる距離を置いて追放者が独演を行っている様子が見えた。
 登戸第一の名物は見られずとも、名物のひとつは見ることができたので、降臨跡に来た甲斐はあったといえる。

 韓流ポイント。
 昼には水が動いていなかったと聞いていたが、今は流れがある。
 公孫戍と夏侯章もやってくる。
 先ほど、オペラ座下で、セニョールがスモールマウスをキャッチしていたとのこと。これも写真が無かったので伝説式の僻みで応じるべきだが、釣った本人が撤退してしまったので噛みつくことが出来ない。
 それなりに釣れる日なのだな、と安心し、新川で鍛えた本気を実釣をもって示そうとする朕であったが、まずストライクを得たのは李立だった。
 李立の俗物化は著しく、かつての煌きは損なわれてしまったが、それでも釣りに関する感性、技量は相変わらず冴えている。
 陽が落ちる頃、蔡沢が帰るというので「何だ、もう諦めるのか。おめえには根性が無え」と、礼儀正しく送り出してやった。
 再び李立がバイトを捉える。
 朕は「突き落としてやろうか」と、伝説三輪式に泣いてその功を称えた。

 20時が近い。
 反応を得られずここまで来た朕は、釣果を諦め、ラインを解き始めていた。
 その時、夏侯章が「ホイッ!」と、雑なエスパー伊藤の物真似をする。
 何事かと思えば、バイトを捉えていたのである。
 長い魚体に、コイかナマズか、と皆で言い合っていたが寄せてみればナイスサイズのスモールマウス。
 なかなか大きいので測ってみるかとメジャーを当ててみれば46センチ。
 50センチには届かなかったけれども、混沌氏の術を体現してみせたことにより、先週地に墜ちた君子の権威は回復し、ここに居合わせた者は皆跪き「我が君」と、夏侯章への恭順の意を表した。

 恋するコンビニはサンクスからファミリーマートになるという。
 冷え込みと空腹に侵された今、休業は辛いが、店がリニューアルされ、恋するに値する女子店員でも入ってくれれば伝説出現率も高くなろうというもの。
 大事の前の小事。ここは堪えるべきであろう。
 空腹に耐え、通りを眺め続けるが、この日は遂に伝説式疾駆は見られず。いっそ登戸名物の三輪車でも駆け抜けていってくれないかと祈る一同。
 しかし、すべての望みはむなしく時間一杯となってしまった。



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード