FC2ブログ

前略、橋の上から

 9月18日。

 雨が上がり、熱暑がやってくる。
 のっぺりとしてきて以降の多摩川は、流れが平常に戻るのが早くなった。
 側溝としては上出来だが、生命を育む天然河川として好ましいことではない。

 宇奈根の様子を見に行ってみたところ、アユ釣り師らしき人は何人か居たが、水位水勢は昨日と変わらず。
 キャストすることなく韓流ポイントへ移動した。

 韓流ポイント。
 堰上の一帯の水位はほぼ平常通りになっているが、堰を開放していながらこの水位ということは、まだ全体の流量は多いのだろう。
 普段はルアーを通して感じることの出来る流れも、今日は目に見えてわかるようになっている。
 水が動いているというのは良いことだが、濁りの質が良くなかった。
 泥濁りではなく、細かい粒子が溶け込んでいるかのような濁りだ。
 それでも時間はじゅうぶんにあるのでじっくり探っていけば、どこか良い場所を見つけられるはず、とキャストを続ける。

 やがて、公孫戍と夏侯章がやって来る。
 朕は布教活動の一環として二人にスティッコーを配布したところ、彼らは過分な日本円を差し出してきた。
 そういうつもりで渡しているのではないと、頑なに固辞する朕であったが、どうしてもというので断りきれず、遂に受け取ることとなった。
 しばらくすると、公孫戍がバスを掛けていたが「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」に止まる。

 突如、夏侯章が落水し、脛に怪我を負った。
 朕と公孫戍はすぐさま駆け寄り「我らが主君を陥れるとは不埒な輩。なんじはその覆いとなっていた枝を伐れ、わしはその岩を斬る」「おう!」と、報復に出ようとした。
 ふと夏侯章を見れば、はらはらと涙を流している。
 「章子しょうし、傷は痛みますか」
 「そうではない、そうではない」
 「では、何故涙など…」
 朕と公孫戍は、夏侯章の答えを待った。
 「寡人わたしは己の不注意から滑落しただけなのに、その罪を着せられ極刑にされてしまうあの二つのものどもが憐れでならんのだ」
 と言った。
 我々は血気に逸った己を恥じ、同時に天下万物に及ぶ君子の孝慈に大いに心打たれるのだった。

 その後も長く反応を得られずにいたので、少し違う条件の場所を見てみようと、深場を備えた降臨跡、オペラ座下の様子を見に行くことにした。

 オペラ座下。
 こちらも流れの状態は好ましかったが、水質は韓流ポイントのものと似通っていた。
 しかし、単発ながらボイルはあり、しばらくは励みとなっていたが、結局反応を得られぬまま時間が過ぎていく。
 夕刻に入っても堰は開放されていた。
 無反応の上、減水が顕著化してきたことにより、韓流ポイントに戻ることにする。
 と、移動しようとしたところソープオペラが開演されていた。
 半作、全作、場末姫の演目と思っていたが、メーデンも居たという。どうやら“いい匂い”がしなかったので去ったと見える。

 再びの韓流ポイント。
 時間の経過と共に水質もいくらか回復していて欲しいと祈る気持ちである。
 日没の時間帯、小魚が盛んにライズする様子が見えたので、ボトムだけでなく表層を流してみることもあった。
 しかし、やはり反応は得られず。

 完全に陽が沈んだ頃、堰操作のアナウンスが聞こえる。
 この頃になると風が強くなり、ルアー操作に難儀するようになっていたが、堰の閉門で何かが変わったのか、公孫戍がバイトを捉え、キャッチに至った。
 スペルペケニシモではあったが、厳しい中の一尾、フィンテール・スティッコーでの釣果である。
 朕も、ようやく伝説式僻みコメントを言う機会が出来たことを喜んだ。
 そして、ここで日中の暑さによる疲れがどっと押し寄せてきて、一同ギブアップ状態となる。

 いつにない疲労感に苛まれての恋するコンビニでのひと時。
 台風前まではそこそこに良かっただけに、尚のこと厳しい釣りが堪えた。
 こんな時にこそ、華麗なるレジェンドランを見て、肚の底から笑い、晴れ晴れとした気持ちで帰宅したいところ。
 とはいえ、物事はそう上手く行くものではない。伝説も自らの存在価値を高める術を心得ているのだろう。期待されていた伝説式疾駆は起こらず。
 かくして、ただひたすら疲れ、打ちひしがれての解散となった。

 帰りの途上、侯嬴こうえい島に、侯嬴らしき人影を見る。
 本人かもしれない。
 朕はあまりにも釣れないのでナマズを諦め、バスにシフトしているが、侯嬴の今年の感触はいかがなものなのだろうか。
 来週の日曜日は江三子との合流だけではなく、侯嬴の話を聞けるかもしれないという楽しみも加わった。




スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード