FC2ブログ

それでも雉は啼く

 8月13日。

 夏といえばチャンピオンカーニバルか、G1クライマックスかというぐらいだが、朕には釣りという低レベルな競争に勤しむ季節となっている。
 既に公孫戍と夏侯章は韓流ポイントに入っているとのこと。
 開始時間が遅いとはいえ、四日連続の長時間釣行の疲労が堪えているので原付で現地まで向かいたい気分であったが、登戸名物へのプレッシャーを考慮し、今日も自転車で出発。

 韓流ポイント。
 下野さんが居たので、揖の礼で挨拶。
 距離を隔てていたので「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、正規の礼ができなかったためである。
 木陰のポイントに公孫戍と夏侯章を発見。
 「何だ、釣れてねえのか。だらしがねえなあ
 「オレだってちゃんとやってるよ!
 「オレが考え無しにやってると思うか?
 作法に則った礼は怠らない。
 ここは水が動いていないとのことで、まるで気配が無いという。しかし、堰の開閉次第ではこちらがポイントになることもあるのですぐには捨てられない。
 ああだこうだとやっているうちに堰の操作が行われないかと過ごしていたが、何も変わらないので、今は清冽な水が流れ込んできているのが見える上流側に行き、水位の動きを観察しながら次を考えればよかろう、と降臨跡へ移動。

 降臨跡には師匠が居た。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 師匠も登戸名物をもう一度見たがっている。
 今日は昨日ほどではないが、まあまあだという。
 少し映画の話をしたのち、流れの道筋をたどる。

 目に見えて強い流れがあり、そこに絡む目視できるカバーの周辺にスプリットショットリグを沈めてみる。
 ボトムには流れに押されながらも引っ掛かっていくカバーがある。
 案外いいんじゃないの、ここ、と思っていたら早めに答えが出る。バイトだと確信できるのに時間がかかり飲まれ気味のフッキングとなってしまったがパープレスフック使用ということもあり、無事針外しできていた。
 ここではペケニシモながら朕がスティッコーとフィネスワームで二匹。
 公孫戍はトルキーストレートの根こリグで一匹キャッチ。カットテールとトルキーストレート、センコーとスティッコー、これらの似て非なるものを巧みに使い分けるのが公孫流の真骨頂である。
 その後、夏侯章がアワセをくれて引っくり返っていたがフッキングが決まっておらず。例によってハナクソをほじくりながらの横着スタイルがザとなっていたのだった。
 下流側ではスペルペケニシモをヒットさせ、コンクリート焼きにしながら写真を撮っている釣り人が見えた。焼き魚にして食うのかと思っていたら丁寧にリリースしていた。
 あそこまで念入りに焼入れしていては、いかに丁寧にリリースしたとて無意味というものだ。

 17時の鐘が鳴る。
 水位に変動は無い。
 この流れなら侯嬴こうえいしゃないだろう、と鼻息も荒く島に上陸。
 アユは豊富で、スモールマウスのボイルがあり、Bフォロワーにはコイ、ニゴイがバイトしてきたりしていたが、結局 いかなる魚種も釣れず、ナマズの徘徊を見ることも無かった。
 降臨跡でのヒットは偶然発見できた好ポイントでの出来事でしかないが、侯嬴島はあらかじめ目星をつけていた勝負ポイントであったため敗北感は強い。
 「おめえがいいっていうから来てみたけどよお…釣れねえじゃねえか!」と、今日も勝負ポイントをここに定めた責任をなすりつけ合っての納竿となった。

 例え勝負に敗けたとしても、我々には僕たちは今恋をしているコンビニがある。
 途中、追放者らしき影を見るが何者であったかは定かでない。しかし、今日も休演だったというところを見ると、やはりそうなのかもしれない。
 くすぶり続ける肉骨粉問題。登戸名物不在が長く続く現在、無くてはならない娯楽だというのに寂しいことだ。 
 さて、今日も恋するコンビに前で疾駆する伝説を、というところだが、この日は皆疲労にやられていたことと、朕の持ち金が本当に尽きてしまっていたことにより、飲み物のみの質素な伝説たちを思う夕べとなる。
 とはいいながらも、プロレスからUWF、格闘技、そしてまたプロレスへ、という話をしているうちにいつも通りの時間になっていた。
 遂に伝説式疾駆を見ることなく、心からの伝説三輪式「お疲れ!」を言っての解散となった。

 ※マー語







スポンサーサイト



テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード