何が無刀流だ!参考にしよう

 8月7日。

 朕が江南の地に暮らしていた頃は釣りにまったく関心が無かったので気付きもしなかったが、彼の地はどうやら釣り廃人にはたまらない土地のようで、史進は自宅近くの伊丹空港裏手の川で60センチクラスばかり、わずかの間に四匹釣ったという。
 朕のホーム、多摩川では本当に難しくなってしまったナマズ。
 いかした負け惜しみ、嫉みのコメントを贈ってやりたいところではあったが、新しい伝説三輪語の供給が途絶えた今、素直に感心するしゃなかった。

 台風が接近しているらしい。
 雨に叩かれる前に釣果を得て「今日のオレの仕事は終了」と、キメておきたいものだ。
 まずは、先日、子連れビッチどもの入水によって潰されてしまった、堰下狛江側のポイントに入ってみることにする。

 堰直下からポイントまで見て歩いたところ、アユが少ないという印象。
 強い南風とローライトが水中を見え難くしているということはあるが、やはりここは晴天が続き川全体の流量が下がっていく時に力を持つポイントのようだ。
 見える魚食色のコイはあったが、ルアーに反応するものは無かった。
 ここは今外れの場所のようだ、ということで昨日も入った侯嬴こうえいの島に向かう。

 ここは堰下狛江側より流れに水深がある。
 留める力は不明ながら、回遊する魚は必ず通る道筋のはずだ。
 現にアユの群れがひっきりなしに行き来しているのが見えている。
 加えて、瀬の落ち込み、シャローフラット、波立つ水面、と魚食魚がフィーディングを行うのに適した条件が揃っている。
 いずれ何かしらの兆候が見られるだろう、というところに堰操作のアナウンス。
 見た目にもわかるほど下がっていく水位。これほどすぐに影響が出るとは、流量そのものが少ないことを示している。
 しばらく次の堰操作のアナウンスを待っていたが一時間経っても沙汰が無い。
 水位が戻らぬ以上、堰開放の影響を受けない海抜の場所まで逃れなければならないだろう。
 雨がぱらつきだしたのを機に島を離れることにした。
 移動中、オペラ座前に、メーデン、プリンセス、全作の姿を発見。
 上手い具合に追放者の居ないタイミングを見計らって昼メロを演じている。まことに巧みなものだ。伝説諸氏にもこのような技巧があったなら、と思わずにはいられない一幕であった。

 調布水門前。
 ここはベイト、ストラクチャーといった魚を寄せる要素のすべてが揃っていて、スモールマウスの実績をよく聞くポイントではあるが、朕の釣りが通用しないポイントでもあり、ほとんどいい思いをしたことの無い場所である。
 この日も、ソルティペッパーとBフォロワーで流してみたがコイ科の反応さえも得られなかった。

 堰下合流点。
 水門前に比べアユが少なく感じられたが、流芯部分で跳ねるアユはよく見られた。数は多くなかったが魚食色のコイや、ニゴイが見られたので、いずれ手応えはあるだろうと期待できた。
 しかし、ほどなくして雨が降ってくる。
 遂に台風の影響下に入ったか。
 朕のキャメラは防水仕様ではない。大事を取って撤退とする。

 ところが急ぎ帰宅してみれば、雨は止んでおり、その後も降ることなく時間が経過していった。
 もはや釣り場に戻る気力は失せている。
 「何だ、もう諦めるのか。おめえには根性が無え」と罵られることになっても、黙って頷く他無いだろう。

 ※マー語



スポンサーサイト

テーマ : がんばるあなたを応援します!
ジャンル : ビジネス

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード