寡人、泣きどころを知らず

 7月31日。

 昨日、荊蛮の地からの便りが史進より送られてくる。 
 食う楽しみもあるので最近は特にソルトに熱中しているとのこと。
 これを見て、連日のシビアな釣りにいささか疲れ気味ではあったが、今日も新川で鍛えた本気を実釣をもって示そうという気力が湧いてくる。

 一切のプレミアも期待できない平日。
 アユパターンのコイ科を追いさえすればノーフィッシュだけは回避できるだろうから、と特に伝説式保険も用意せず。
 もしボーズを食らってしまっても「ブスと付き合うぐらいなら彼女なんて居ないほうがマシ」というアナザー式強がりに倣い「コイ釣るぐらいならボーズのほうがマシ」と言い放てば、自尊心は守れた気になれよう。
 伝説諸氏の遺功によって恐れの無くなった朕は、この日、調布堰下合流点に向かった。

 現地入りしてみると、水位は高く、水勢も強かった。
 見える範囲に魚影は薄かったが、流れとして徐々に魚が入って来る段階にあるように感じられたので腰を据えてみることにする。
 頻発には程遠かったものの、ザブラミノー、ソルティーペッパーにコイ、ニゴイが。Bフォロワーにニゴイ、コイ、ナマズが反応し、一匹ぐらいは釣れそうな展開となっていたが、アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!なまま夜になってしまった。

 四日連続の多摩川釣行は一勝三敗の残念な結果に終わる。
 昨日、一昨日と来られなかった公孫戍こうそんじゅに、泣きながらこの四日間の内容を伝えたところ「レジェンドたちのように一生惨敗な釣り人もいるというのに、それは贅沢というものだ」と、お叱りを受けてしまった。
 

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード