フレッド・ウィリアム損

 7月20日。

 もしかしたら、今日も降臨跡でソープオペラは開演されているかもしれない。しかし、伝説諸氏ほどに是非見ておかなければというほどのものでもない。
 という訳で、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気を解消してからの出発とする。

 暑さが十分和らいでから、と向かった先は堰下狛江側。 
 道中寄ったコンビニで目を惹く一品を発見。
 伝説三輪氏の好物が、登戸を訪れる新参の釣り人であるように、ゾンビは朕の好物なので思わず反応してしまうのだ。
 クソ映画臭ぷんぷんのパッケージだが、最近ジョージ・A・ロメロ先生が亡くなられたことが購入に走らせたのである。
 果たしてこれは、拙きゾンビ愛の形なのか、ロメロに対する冒涜なのか。
 この先の楽しみがひとつ出来た。

 現地入り。
 既に夕刻に入っているので、いい具合に光量が落ちてきている。
 開始早々にコイのストライクを得てバラす。
 Bフォロワーを引けばコイやニゴイのチェイスがあり、フェイキードッグを遠投すればスモールマウスがバイトすることもあった。
 完全に陽が落ちてからも、長い間を置きながらではあったが、コイのチェイス、ナマズのバイトが見えるほどであった。
 が、いつまで経っても釣れることはなく、アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!とキレた後、ハードだってさんざん引いたさ!でも釣れなかったんだよ!と泣いての納竿となってしまった。

 さて、釣りは伝説諸氏のいつもの結果のごとくに終わってしまったが、この先ゾンビ映画を観るという楽しみがある。
 と、夕食と共に観賞。
 …絶句。全てに於いて安過ぎる。
 この年代のものにしては出来の悪すぎるCGが安さに拍車をかけており、『フューリーロード』人気に便乗したクソ映画『マッドスピード』よりもひどい内容で、あの『地獄の女囚コマンド』が一流作品に思えてくるほどだった…女囚コマンドは1000円で、こっちが500円だったから当然か…とか言いながら、これらの映画をしっかり観ている自分がいちばんバカなのではないかと笑えてきた。
 バトル系黒人俳優のフレッド・ウィリアムソンが出ており存在感を示していたが、どんだけギャラもらえたのかは知らないけど、もう少し仕事を選んでもいいんでないの?と思わずにはいられなかった。
 「ああ、やられポンキッキだぜ」とはこのことだ。
 それでも、金と時間の融通が利く限り、クソ映画漁りはやめられない。クソ映画にはクソ映画なりの魅力がある。
 クソな内容の映画はヒット作にも沢山あるが、あれらはただのクソであって、愛すべきクソ映画とはまた違うジャンルであることも明言しておかなければならない。

 ※マー語 
スポンサーサイト

テーマ : こんなセックスがしたい
ジャンル : 恋愛

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード