ダイパーシティ

 7月14日。

 プレミアなき金曜日。
 登戸に珍獣が出没することは考えられないので、今日もただ釣れる魚を求めるのみである。
 今年はまだ釣果を得られていないが、調布堰下合流点に入る。
 前回は釣れなかった場所とはいえ、流れの本となる場所は外せない。
 また、近所の多摩川のポイントはいずれも小規模で、プレッシャーが掛かり易いので釣れたポイントを休めておきたいということもあった。
 
 ポイント入りしてみると、岸際にアユが見えず、どういうことかと訝しんだが、対岸に居た数羽の鵜が飛び去って程なくすると、アユ、コイ、ニゴイの姿が見られるようになってきた。
 アユを追う、コイ、ニゴイはルアーに対する反応も良好だったが、寸前で見切られたり、浅いバイトだったりとなかなかキャッチには至らず苦労した。
 やがて夕刻に入り、陽が傾きだす頃、ようやく一匹のキャッチに成功。
 ナマズの姿を目にすることが出来たが、その泳ぎは速く、目指す場所がここからアプローチ可能な範囲に無いように見えたので諦める。
 また、この風向きと強さならフェラガモ水路のほうが釣り易いと考えられたので移動することにした。

 五本松。
 フェラガモ水路の先行者が諦めて行ったのを機に、ポイントに入る。
 早々にバイトを得ることは出来たが食いは浅かった。
 ウェイクミノーを引けば追ってくる航跡が良く見られたが、いずれもコイで、しかも直前で見切られていた。しかし、他のベイトにすれば反応自体が無くなるという困った状況。
 蔡沢が見えた。
 ポイントを休めるという意味もあって、蔡沢の話を聞いてみる。
 今日は40アップ含む5本のキャッチに成功し、いずれも流芯周りにヤゴイメージでルアーを通した結果だという。
 勿論、昭和の荒技で写真をいただくことは忘れない。
 結局、五本松では朕も蔡沢も、アタったとかバレたとかそういう話は聞きたくねーんだよ!から先へ進めず、波立つ水面に魚の動きを捉えられず、しかし、釣果は得られているのだから十分でしょう、ということで納竿とした。



スポンサーサイト

テーマ : 介護用品
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード