真夏の都会を流れるタフリバー

 7月11日。

 先日はナマズの回遊に疑問を感じたため、粘らずに終えた、堰下狛江側。
 五本松のポイントは競争率が高そうなので、今日はこの場所をじっくりやってみることにした。

 熱暑の昼間はじゅうぶんに休養をとり、夕刻近くに現地入り。
 暑かったが、風のおかげで不快感が和らいでいる。
 時折吹き付ける強い南風をPEラインが拾ってしまうのは厄介だが、流れは効いていても全体的に浅いこの一帯をルアーで釣るのなら、風はむしろ味方であるともいえる。
 しかし、メガバスメソッドを用いて、今日は炎天下、強風のタフコンデションと言っておいたほうが賢明だろう。釣れれば釣果に箔がつき、釣れなかったなら言い訳が立つからだ。
 波立つ水面からもアユの濃さははっきりと見え、水中の影、水面の動きの変化から大型の魚の存在を捉えることができた。
 超小型のスモールマウス、魚食ゴイ、ニゴイの追いを見た末、まず、ニゴイがキャッチできた。
 風が弱まる時には岸寄りでコイがアユを追い、沖の方ではボイルが見えることがしばしばあった。
 流量の多いところにはスモールマウスが入り込んでいるのだろう。もしかしたらシーバスかもしれない。
 Bフォロワーやウェイクミノーでは大して飛距離を出せないことと、岸寄りはだいぶ舐め回していたので、1/2オンスあり、良く飛ぶウッドウォーカーで沖を打ってみる。
 波気が適度なブラインド効果を発揮しているのか、魚種までは判別できずとも反応は悪くなく、流れに乗せつつウォーキングさせていたところはっきりとしたバイトが出る。
 食ってきたのは、難しいから、と捨てていたスモールマウス。
 風がそのシビアな視覚を眩ませ、行動を大胆にさせたのだろう。
 その後も間を置きながらチェイスやバイトがあり、という中で中ゴイとナマズのキャッチに成功した。
 このナマズは下顎が異常に突き出した奇形だった。
 何故奇形が出てくるのか。流入する悪性の化学物質の仕業か、話に聞く売り物にならないナマズの放流によるものか。

 陽が落ちてからは大型のナマズの捕食音と共にバイトはあったがアタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!に止まる。
 何とか60以上のナマズを釣りたいという思いはあったが、それなりに釣れていたことで満足できていたので、ここで諦め納竿とした。


スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード