恒常の泣き

 6月12日。

 昨晩、流浪のハンドメイドルアービルダーである、ヂョイ兄いから博多の純淡水域シーバスの写真が送られてくる。
 言わなければ良かったものを、22センチしかないと自ら公言してしまったために、伝説式で僻んでやることが出来なかった。

 そして今日も千夜釣行な、多摩川連続釣行三日目。
 今やアユはそこかしこに見られる。
 フィッシュイーターがアユを捕食する条件について考えていけば、適切な場所を捉えるのは難しくないように思えるが、実際は上手くいってない。
 しかし、あまりにも釣れないからといって、多摩川はもう飽きたと言って釣りという低レベルな競争から卒業してしまうのもどうかと思うので、今日も新川で鍛えた本気を実釣をもって示すことにする。

 この日は登戸を避けた。
 釣果を求めるのに徹して、という理由はあるが、平日では登戸名物の降臨は考えられないというのが第一の理由である。
 という訳で、アユが見える太い流れを求め、調布、五本松ルートに入ることにする。

 調布水門上流。
 本流が巻き返し、アユ、コイともに豊富。
 そこで、しばしこのポイントに居座ることにする。
 とりあえず、アユを追うコイやニゴイを釣ってノーフィッシュだけは逃れておこうという魂胆だが、アユが追われる場面を見たのは一度きりで、ルアーへの追いは見えず、スモールマウスのボイルも見られなかった。
 実はタイミングがずれていただけ、ということも考えられるが、このポイントを諦めることにした。

 五本松。
 流れと地形変化が魚を寄せているポイントである。
 キャッチ率は低いものの、連日ストライクは得られている場所でであることから、粘る価値のある場所だと判断。
 時に水中を巻き、時にボトム寄りをドリフトさせ、時に表層を引きという具合に時間をかけてみた。
 が、この日は一度も反応を得られず。
 条件が揃った場所のように思っていたが何かが足りなかったということだろう。
 そして、耳に入って来る登戸の堰開放のアナウンス。
 この場所の水位には影響がなくても、ダムの水位が下がることによってダムの影響下にある水域の魚は浅い上流側より、水深のある下流側に意識が行くだろう。
 これで下流側からこちらに新しい魚を供給する道が絶たれた。
 先ほどの気配の無さとも関係しているのかもしれない。
 もはや環境を味方に付け、イージーな魚を釣ることは不可能であると悟り、三日連続ノーフィッシュで終了となる。
 泣きは入っていたが「釣れなくても関係ありましぇ~ん」と、伝説三輪式を用いて泣いてないふりをしての撤退となった。

 帰宅後、史進より合川ダムでの釣果自慢が届く。
 Theピーズと釣りをこよなく愛し、江南での暮らしを楽しんでいる様子が伝わってくる。
 いずれ、向こうを訪ね、釣り場を案内してもらいたいと思うが、今の生活が続く限りは無理と言っていいだろう。
 羨ましくともレジェンド式で僻むことしかできない。



スポンサーサイト

テーマ : 起業
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード