アタったとかバレたとか、そういう話

 6月14日。

 平日の釣り。
 流域きっての剽軽者である登戸名物の来訪を期待したり、ソープオペラ観賞よりも釣果を優先したい日。
 となると水の動きが鈍い降臨跡を擁する登戸エリアは外さなければならない。
 また、登戸に史官が来ていないということを知れば、レジェンドも安心して降りてこられるだろう。
 但し、これは温かい時期の晴天の時に限ってであり、雨が降ったり、増水したり、秋深まって水温が下がってくれば、再び登戸がメインの釣り場となることを留意しておくべきである。

 この日もハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気を解消してからの出発。17時を過ぎてしまった。

 調布側からはアクセスできない上流のアユ瀬の様子を見ておきたいというのはあったが、あのポイントまで行くには、橋を渡り、遅い原付で沿道を遡らなければならない。その道程を考えただけで気が滅入り、結局いちばん近い五本松に向かった。

 既に陽は傾きだしている。
 まずは流芯からだ、とレンジバイブをキャスト。
 程なくしてストライクの感触を得る。
 とにかくナマズのものではないな、と巻いてくれば30センチクラスのスモールマウスがジャンプするのが見え、巻きが軽くなった。バラし対策として、フックの番手を上げて臨んでいたが、功を奏すことができなかった。
 ベート、コイの様子を見れば、今日は先日より魚が集まっている気配。
 事細かに因果関係の説明は出来なくとも、昨日から弱く降り続いた雨が招いた結果であろうと想像できる。
 間断的にストライクの感触を得てはばらすということを繰り返しているうちに完全な日没を迎える。ストライクの中には明らかにコイだというものもあれば、ナマズではないかという感触のものもあった。

 流芯を通すのはレンジバイブ、緩みにはワンダー、ジップベイツのウェークベート、巻き返しではCDラパラ、という具合に条件ごとにストライクを得られるベイトは違っていたが、反応自体は悪くなかった。
 釣れなかったのは腕の問題とも思えるが、しかし、腕の無さを補うために道具を吟味して選んでいるのであってみれば、これ以上先へ進むのは不可能だと悟り、釣果を諦めるのだった。
 「道具が悪いんじゃないの?」という突っ込みに対しては「オレのニーズには合ってる」と、伝説三輪式の負け惜しみで対応すれば良い。

 結局、今日は魚たちに口にしてはいけないものを学習させに行ってしまったようなものだ、とられポンキッキな気分で帰宅してみれば、童威より鶴見川での釣果自慢が届いていた。
 ここがダメなら別の場所、というだけの話なのだが、それができない己のものぐさぶりを棚に上げ、「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、伝説式皮肉で応じてやった。

 ※マー語


スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード