回避の術

 5月19日。

 先日、朕がハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない疲労のため、ワークを怠っていた日、公孫戍こうそんじゅ夏侯章かこうしょうは新川で鍛えた本気を実釣をもって示そうと多摩川入りしていたようで、夏侯章が釣果を得ていた。
 その心に純白を保ち、混沌氏の術を体現できたようだ。
 夏侯章は現代の君子ともいうべき立派な人物だが、尊卑のけじめがないのが伝説式。次に会うときは僻み節全開で臨まねばなるまい。
 「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」という名言はあるが、言った本人が白いケツ舐めの差別主義者だったという話も聞く。
 この言葉が真実からかけ離れたものであるように、やはり人に貴賎はあるのだと思う。

 この日は、相変わらず手応えの無いナマズを求めて登戸の堰より下のエリアに足を延ばしてみることにした。
 堰直下のプールにはいつものように多数のコイ。アユはその数を増やし、無数。数は少ないがアユの群れにつきまとうニゴイの姿も目立つようになっている。
 ポリ公教習場対岸付近まで下り、そこから釣り上ってみることにする。
 主に見た目にもわかる変化に、時には巻き、時にはドリフトさせという感じで流していったが反応は得られず、見える大型魚といえばコイと、稀にニゴイが見える程度。
 ベートとなるアユはいたるところで見られたが、ボイルは起こらず、チェイスを見ることも無かった。

 夕刻近付く頃に、先日シーバスが釣れた瀬周りに到着。
 相変わらず婚姻色のマルタの群れが居り、陽が沈めば瀬周りで何かしら釣れるかもしれない。あとは対岸のポイント直近に立つ先客が諦めるのを待つばかりである。
 と、李立から連絡が入る。
 これから宇奈根にナマズを狙いに行くので来ないかという。
 昨年晩夏の台風以降、フラットな作りになってしまってから良い印象の無い宇奈根エリアだが、それは世田谷から見た印象であり、川崎側からではまた違ったものが見えてくるかもしれない。
 そしてこの提案は李立からのもの。
 もし上手くいかなくても、伝説三輪氏のように無様にブチキレる権利は朕が有することになる。
 また、シーバスが釣れる確率はこちらの方が高いという言葉も効いた。狙ったところで簡単に釣れる魚でもないが、反応してしまうのだった。

 宇奈根入り。
 李立が遅れてやってくる。
 どうですか?と言うので、ここはお約束の「オレが考え無しにやってると思うか?」泣きで応答する。
 この流域は結局、川崎側も世田谷側同様のっぺりとしたものだった。
 地形の変化がはっきり見て取れる分、こちら側の方が若干遭遇確率は高いか。しかし、それとて若干程度のものでしかない。
 流れの強い上流側はフラットラップで、シャローフラットの広がる下流側はBフォロワー、チャギンスプークJrで流した。
 朕はまったく反応を得られずにいたが、李立はスピナーベートとオリジナルザラスプークで、ナマズのバイトを引き出し、朕より上手の技量を見せていたものの釣れるまでには至らなかった。

 釣れないのは潮汐に起因しているのか、個体数の少なさからか、波立つ水面のせいなのか、ルアー、メソッドが間違っていたのか。
 いずれにせよ、今の宇奈根にかつてほどの力を感じられず。
 しかし、今回のエリア選択失敗の咎は朕には無い。そこで「おめえが良いって言うから来てみたけどよお…釣れねえじゃねえか!」と、伝説三輪式に泣きキレてこの日を締め括った。

 
スポンサーサイト

テーマ : ブログのまち 東大和
ジャンル : 地域情報

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード