吟の川原へ

 5月7日。

 昨日、調布側から見えた対岸は、日中に瀬下を打ち、夕刻から下流側を流せば良い釣りができそうに思えた。
 今日こそはナマズをキャッチできるか、と期待を抱きポイントへ向かう。
 かつて、何度かナマズ釣りに訪れ、それなりに釣果を得ていたポイントではあるが、川の表情は常に変わっていくもの。
 「やってみなきゃわかんねえじゃねえかよお!」と、始めから三輪式に激昂するのもありだが、昨日見た感じではいけそうな雰囲気だったので、一切の保険も掛けずに出発した。

 一年ぶりのアユ瀬下。
 一帯に釣り人の数が予想以上に多く絶句。
 さすが連休の最終日。エントリー可能なバンクならどこでも釣り人が居るのかも知れない。
 そして、かつてこの地に彩を与えていた吟爺の姿は無かった。
 アクセスが容易とは言い難いこの一帯でもこれほどの人出なのだから、降臨跡では名物がベイトを漁っている光景が繰り広げられているのかもしれない。
 だとしたら是非拝んでみたいものだが、朕は「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と三輪氏に泣かれた者。先ずは魚を釣りたいので、少しでも釣れる可能性が高いところを求めてしまうのである。
 アユ瀬下の一帯には浸かり組が数名、対岸にもルアーマン。プレッシャーは高いといえよう。しかし、魚食モードの魚は居て、対岸のルアーマンがミノーイミテートのワームで関東巨鯉倶楽部を達成させていた。
 残念ながら朕がここで存分に出来る余地は無い。
 そこで、夕方から入るつもりだった下流側に移動。

 かつて、温かくなるとしばしば通ったポイント。
 対岸はハイプレッシャー状態になっているが、こちら側は朕一人。
 まさに「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」状態である。
 ベートは豊富で、カバーそのものはプアでも、変化は十分ある。
 粘る価値ありと見て、表層系ルアーのあれこれを投げていたが、マニックを引いていた時にスモールマウスとコイらしき魚のバイトが一回ずつあったのみだった。
 陽が傾いて来る頃に浸かり組が見えなくなったので上流側に移動しようとしたところ、岸からの釣り人が日中より増えていたので、下流側に戻る。

 光量が落ち、ナマズの徘徊が見えることを期待したが、ナマズの浅場を窺う様子は確認できず、見える魚はといえば相変わらずコイばかり。また、まだコイもアユを偏食するまでには至っていないかのようだ。
 これだけの場所なのだから、と待ち続けたが結局日没後は無反応。
 やがて力尽き、帰ろうと川原を進めば、膨大な数のベイトが逃げゆく様が見える。これだけの状況でフィッシュイーターの気配がこうも希薄だとは…。

 釣れることを確信し、釣れるだけの状況にあると判断してのノーフィッシュ。さて、どんな言葉で己の非を飾ろうか…浮かばず、伝説諸氏の才の足元にも及ばぬ己の言葉の拙さを悔やんでの帰路となった。
スポンサーサイト

テーマ : 在宅PCワーク
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード