五本松心中

 5月10日。

 二回連続ボーズなし自慢。
 当時、既に鍍金が剥がれていた僭称釣りウマのレジェンドⅡが行った必死のアピール。
 そんな抵抗もむなしく、剥がれた鍍金は、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならないもので、もはや修復不能であった。
 百に一のたまたまが二度続いただけのことであろう、と評価されるのみ。
 そんな、弁を重ねれば重ねるほどに実が空疎になっていった伝説のあらましを知る童威から“多摩川で十回連続ボーズなし!”自慢のメールが届いていた。
 連続ノーフィッシュの渦中にある朕は、当然、半開きの涙目で「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」泣きである。

 この日は降臨の見込みがまるで無い平日でもあるので、十分に休養をとってからナマズ狙いに出発。
 トップウォーター、ミノー、Bフォロワーといった少数のプラグだけ持って五本松に向かった。
 
 現地入り。
 小雨がさきほどまで降っていた平日の夕刻。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」状態を期待したが、対岸、下流側にルアーマンの姿あり。
 しかし、この程度ならつりを展開するうえでの不都合は無い。
 水は澄み、ベートは上流側と下流側に濃い。いずれも太い流れがぶつかり、巻き、シャローフラットを控えている。
 コイの他にニゴイ、マルタが見え、ニゴイがバイトしてくることもしばしばであった。フッキングが決まることは無かったが…。
 このままでは「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」と、アナザーギレされてしまうのがオチだ。
 何とかせねば、と集中力を保つ。

 陽が沈む頃、ベイトの溜まるフェラガモ水路入り口付近に40~50センチ程度のナマズが二匹通るのを発見。
 朕の立ち位置がまずかったのか、ルアーを見るなり何処かへと消えていってしまった。
 相変わらず、反応してくるのはニゴイだが、いずれも食いが浅くフッキングまでには至らない。
 かくして「ハードだってさんざん引いたさ!でも釣れなかったんだよ!」と、三輪式に泣き濡れての納竿となった。
スポンサーサイト

テーマ : 生きる力
ジャンル : 学校・教育

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード