消えない足跡

 4月23日。

 先日、ザ・タックルボックスの店長と津久井湖へ行った。
 増水があってからさっぱりだ、との話を聞いたものの「もしかしたら釣れるかも知れねえじゃねえかよお!」と、根性を出してみたが、言われた通りの結果となってしまった。
 もし、伝説の人に「1オンステキサスはやったか?ジグヘッドワッキーはやったか?ビーフリーズは投げたか?」と、責められたなら「エレキのセットを運ぶのを手伝いに行っただけじゃ」と、伝説三輪式言い訳でこちらの至らなさを誤魔化せばよい。
 魚は釣れなかったが、隠者といった趣の中村ボートの主人と、取り巻く世界には窮まることの無い素晴らしきバスフィッシングの味わいがあった。

 そして迎えたこの日。
 伝説式手法を用いれば、どのような結果に終わろうと体面を保てた気になれるが、いくら釣れないからといって「釣りという低レベルな競争」などと、自らがのめり込んだ分野を貶める気にはなれない。
 吐いた唾を呑むのが得意の伝説三輪氏のこと、今日のように晴れた日曜日であれば、新川節を謳いたくてたまらなくなり、再び登戸に現れることもあり得る。
 ベイトを漁り、登戸名物ぶりを発揮する三輪氏の勇姿を想像しつつ多摩川に向かう。

 現地入りし、タックルを準備していたところ猫おじさんに会う。
 「そういえばいじった三輪車の人、全然見ないけどどうしてるのかな?」という。彼もまた登戸名物を知る人物だったのだ。
 感心すると同時に、今日もまた降臨が無かったことを悲しんだ。

 昨日の雨の影響で濁りが入っている。
 しかし、バスがまったくカバーに依存してしまうほどでもないように感じられた。
 南風が吹き付けていたので、朕は降臨跡のシャローフラットに表層系プラグを通すことにした。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」
 童威だった。
 上流域のマルタ瀬へ行きニゴイをキャッチできたとのこと。
 去年、その価値を大きく落としてしまうほどに釣れていたニゴイだが、今年はどうか。とりあえずのボーズ逃れができるぐらいに釣れて欲しいものである。
 付近でバスをキャッチしている釣り人はいたが、ペケニシモの単発。ボイルも起こらず。
 ということで下流側に移動。

 「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」
 と、公孫戍こうそんじゅ夏侯章かこうしょうにお約束の挨拶をする。
 なんと、夏侯章がまたしてもナマズをキャッチしたという。
 六釣行連続でナマズをキャッチできているという。
 今回は黒線香でのキャッチだった。
 朕は「おヒゲはいやざます~」と、伝説三輪氏のごとく、自分はナマズなど興味が無いアピールをした。勿論、そんなポーズを取ってはいても、その無知なるがゆえに釣れていなかったというのが真実なのだが…。

 そういえば下野さんが居ない。
 レジェンドⅡのように、釣りという低レベルな競争から卒業してしまったのか。多摩川はもう飽きたのか。
 しかし、よく釣る人である。釣れないからといっていじけてしまういわれは無い。
 もしかしたらアナザーレジェンド降臨に向け、陰なる工作を行っているのかもしれない。
 伝説諸氏が踊る姿を、誰もが待ち望んでいるのだから。

 夕刻、韓流ポイントへ。
 こちらは降臨跡より水温が安定している。
 このポイントに好ましい風向きではないが、気温が下がったこんな日は、水温とはっきりと感じられる流れが重視されるべきだろう。
 と、キャストを続けるが反応は得られない。
 朕は韓流ポイントを諦め、堰下のマルタを見に行くことにした。

 瀬のポイントに釣り人が立ちこんでいた。
 これではマルタが瀬に入って来れない。
 そして瀬の周辺をうろつくマルタも少ないという印象。
 この瀬で良いのか、悪いのかは瀬に立つ釣り人が去り、更に光量が落ちてからでなければ判断できない。
 しばらく瀬周りにリップレスクランクをキャストしていると、ナマズがヒット。寄せてみれば背掛りだったうえ、型も小さかったので写真は撮らず。おそらく、ミスバイトしたルアーが引っ掛かってしまたのだろう。
 やがて陽が沈み、ポイントに直接立つ釣り人も消える。
 しばらく瀬の様子を眺めていたが、何も起こらないまま時間が経過していく。このポイントはもう抜けてしまったのかもしれない、ということで再び韓流ポイントに戻ることにする。

 風が水面をかき回している。
 マニック、ワンダーを巻き続けたが反応は得られない。
 先日は稚アユの群れが視認できるほどに見られたが、今日はそれがなかった。浅い層の水温が下がってしまったのだろう。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」
 と、見れば、行方不明になっていた下野さんだった。
 江三子勢ぞろいとなり、それぞれの感触を話し合う。
 公孫戍はステルスペッパーでストライクを得たがバラしてしまったという。
 朕は堰下でのナマズの一件を話した。
 お互い残念でしたな、というところだが「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」とキレるのがここでの作法だ。
 そんな伝説を懐かしむ憩いのひと時も終了時刻が近い。
 表層がダメなら、ということで朕はスティッコーのスプリットショットリグでボトムを引く。
 アナザー氏が居たなら「おしゃべりしてないで釣りしなよ!」と怒られてしまいそうな、だべくり状態でのリトリーブをする一同だったが、それなりに集中力は保たれていて、朕がバイトの感触を捉えた。
 寄せてみれば30クラスのバス。
 「このクラスなら十分でしょ」
 と、皆で浮かれていたが、ラインブレイクの感触と共にバレてしまう。
 8lbトライリーンが何故?と回収してみればラインブレイクはしておらず、フックに捨てラインが絡み付いていた。これに魚を外されてしまったというわけか…。
 一同、しばし沈黙の後「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」と、アナザー氏の物真似をして笑い、残念な気持ちを散らしての解散となった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード