泣きの技巧

 4月7日。

 ネストが目に付くようになってきた。
 去年のようなカみちょうに良型ばかりが釣れる状況は諦めなければならない時期に入ってしまったということだ。
 このままボーズが続けば「釣りという低レベルな競争からの卒業式」といって、伝説三輪氏のようにいじけて釣り場に行かなくなってしまうのか。
 新川で鍛えた僭称釣りウマのプライドをズタズタにしてしまった多摩川である。
 落第を“卒業”に置き換えるだけの機転が働かない朕は今年も留年確定である。己を上手く飾れる三輪氏のような巧みな弁舌を持たぬ朕は、今日も愚直に多摩川に向かう。

 降臨跡一帯は一瞥するに止め、韓流ポイントへ向かった。
 ほどなくして李立が現れ、何故今年は降臨跡が冴えないのかについて論じ合っているうちに、李立が呆気なく連釣を決めていた。
 全て表層寄りでの釣果である。
 同じく表層を巻く朕といえば、マニック、ワンダーではチェイスに止まり、ストレートワームを巻けば反応すら無いという有様。
 波気は弱く、光量も多いのでボトムもいけるだろう、ということでスピードワームでボトムを引いたところバイトが出る、がバラしてしまう。
 「何やってるん!」
 容赦なく李立がマー語で叱咤。
 そんなひと時も虚しく、群れが去ったのか、その後一切の反応が無くなってしまった。

 ナマズさんと蔡沢さいたくがやって来る。
 既に、ナマズさんは二匹、蔡沢は一匹のキャッチに成功したとのこと。
 釣れていない朕は当然「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお」と、レジェンド式涙目である。 
 夕刻に入り、再び魚が入って来る。
 李立がペケニシモをキャッチ。
 次いで蔡沢が二度バイトを得るも、二度ともバラし…。
 「今日は新しく買ったダウンショット用フックが釣れるかの“実験”だったんだけど…」
 何と、伝説式保険を掛けていたのだった。
 伝説式には伝説式で応えなければなるまい。
 「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」
 と、朕はアナザー式でキレてやった。

 遊説の士、蔡沢の話ではこのエリアのバスは難しく、更に上流のエリアではほとんどの釣り人が釣れているほどに易しいとか。しかし、向こうまで行ってみようという気力も無く、マルタはどうかと尋ねればマルタの動きは掴めていないという。

 さて困った。
 この釣れなさ加減、まるで伝説三輪氏並みではないか。かくして朕は「釣れなくても関係ありましぇ~ん」と、泣いた心を誤魔化し、レジェンド式で気丈を装った。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード