賽丹朱、或いは賽商均列伝

 3月18日。

 世間が三連休に入った初日。
 伝説諸氏の降臨はあるのだろうか。
 ただでさえプレッシャーがかかっている昨今。いかにベイトが豊富だからといって、容易にフィーディングに出てくるとは思えない。
 片や“勝ち組”。まとまった休暇があるのなら“オジンにはわからない新しい愛の形”を、メールと金のやり取りより先の段階へ進めようと尽力するだろう。
 片や一流企業にヘッドハンティングされるやり手。世間の休日とは無関係に新規プロジェクトかなんかに忙殺されているかもしれない。
 
 穏やかで温和な休日である。
 日中は多くの釣り人が訪れ、ポイントの確保が困難だろうと予測されるので、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されてどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気を解消してから出るのがちょうど良いかもしれない。

 目が覚めれば15時を過ぎていた。
 日は長くなったが、夕刻を臨む時間帯である。
 今回は“実験ネタ”或いは“伝説式保険”を用意できないままの現地入り。ボーズを食らって自尊心が傷付きそうになったら、伝説三輪氏のように泣きキレたり、皮肉と称する僻みの言葉で対応するしかない。
 ちょうど公孫戍こうそんじゅ夏侯章かこうしょうが移動しているところだった。
 上流側で侯嬴こうえいに挨拶は出来たが、魚の気配は希薄だったとのこと。
 公孫戍が向こうの伝説ネタを仕込んできており、偽造一流企業社員証を入れられるパスケースを頂戴する。あとはPC環境さえ揃えれば、通行証を偽造して、電通や森友といった旬の一流どころの関係者を装えるし、KENcraftの社員になりすますことだってできるので、不意に知り合いに出くわした時も鼻の高い思いができる。

 ポイントには下野さん、李立、童威の姿あり。
 昨日は下野さんが4匹、李立が6匹のキャッチに成功し、今日は下野さんが1匹釣ったという。
 そんな話を聞かされたら、薄目を開けた白目状態で「オレはよお、おめえらと違ってガチじゃねえからよお」と、レジェンドⅡのように半泣くしかない。
 釣り人の数は思った以上に少なかったが、新川節を謳うには十分な数は居た。
 明るい上に波も弱い今、巻いて釣りたい朕のやり方は厳しいかもしれない。しかし、巻いて釣るための勢の捉え方を掴んだような感触を得て以降、ボトムのスローな釣りの集中力が無くなってしまった。スティッコーやファットアルバートグラブをスプリットショットリグで引いてみることはあっても長く続けられなかった。 
 そんな時、ワームとはこう使うのだといわんばかりに李立がノーシンカーリグでキャッチ。
 間を置いて童威もキャッチ成功。
 こちらもノーシンカーリグで。

 光量が落ちてからは朕も集中力が高まる。
 「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」とアナザーギレされることもあったが、表層でのキャッチに成功する。
 表層だけがよかったのかというとそうでもなかったようで、ボトムを引いていた童威もキャッチ。
 やがて終了の時刻を迎える。
 炸裂という展開には程遠かったが“釣りという低レベルな競争”から卒業しなければならないほど釣れていないわけでもない。
 最後まで粘り続けていた夏侯章に結果を尋ねる。
 「2回アタリがあっただけだったよ」と言うので、満場一致で「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」と、もうひとつの伝説式で締めくくった。

スポンサーサイト

テーマ : 人事・雇用制度
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード