何故、修羅は泣かねばならなかったのか

 2月20日。

 気温上昇、強い南風。加えて平日。
 しめしめ、とラトリンバイブ、リッピンラップ、レアリスバイブのレッドクロウダッドの封を切る。
 ジャークベート、オールチャートのスピナーベートも加え「これでばっきりだぜ!」と、ミラクルジムな気分で多摩川に向かう。

 現地入りしてみれば今日は週末か?という人出。
 朕には暗澹たるものが湧いてくるが、かつての主宰者には喜びの光景であろう。
 存分に新川節や特出したキャリア、理論を語れる機はこのようにいつまでもあるのだ。

 隙間を縫いながら、リップレスクランクを流していく。
 反応を得られないからといってライトリグで底を取る必要はない。フィネスワーミングをやっている者が多数なので、その釣り方が当たりだと判明した時点で切り替えれば良い。
 しかし、こちらも向こうも釣れることは無く、朕は風を追いながらこのエリアの最上流部まで来てしまった。
 地形が変わることによって昨年まではホットだった一帯も力を失ったのかもしれない。或いはフィッシングプレッシャーの影響なのか。
 こういったことは、今を見て全てを断ずることができない。

 とにかくここではないと感じたので移動。
 移動した先にはセニョール、李俊、相模湖バサーとその友人。
 「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、泣きキレるべき場面ではあるが、彼らがいるということはこちらの方が脈ありということでもある。
 特に相模湖バサーの状況を読み解く力は頭一つ抜けていて、今日は二桁釣果を達成し、二桁釣果は春一番の日に次いで二回目だという。
 李俊、セニョールはそれぞれ一匹ずつという釣果。
 よく釣れている日なのだからいずれ朕も、という気になる。
 やがて相模湖バサーが去り、李俊、セニョールも撤退した。

 この時点でノーフィッシュの朕は「釣れるまで帰らん!」な、三輪式虚勢にあったが、釣れるのは相模湖バサー友人氏ばかり。
 四連続キャッチという快挙を演じる。
 彼もまたこのブログの読者であると知ったので忌憚なく、何をどうしてるのかと尋ねたところ「これをどうぞ」と、ヒットルアーをちょうだいすることができた。
 イマカツの2インチワームだった。
 こんなに小さなベイトを?と、戸惑う朕だったが「釣れてるやつの真似しねえと、見えるものも見えてこねえぞ」という伝説三輪氏の名言がある。
 言った本人は口ばかりで、結局何も見えないまま“釣りという低レベルな競争”を卒業してしまったようだが、スモールマウスのシビアなベイト選択眼を思い知らされてきた朕はさっそくこのワームを用いることにした。
 しかし、この辺りから風が変わり、雨が強まってくる。
 冷たい北風と雨。
 まず友人氏が雨に耐え切れず撤退。
 朕はせめて一本、と粘ってみたが、やがて熱を奪われた指が動かなくなり、諦めるよりなくなってしまった。

 居並ぶ全員が釣れた中で、自分一人が釣れなかったのだからレジェンドギレする資格は十分あるが、当たり散らせる相手がいない。
 仕方なく、とぼとぼと帰路に就こうとしたところ童威が仲間と共に現れる。
 「何だ、もう帰るのか?だらしがねえなあ」と、伝説三輪するので、朕は「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお」と、三輪泣きで返礼した。

スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード