実践伝説芸

 2月14日。

 先日、ワンダー60を求め玉屋に寄ってみたが、無かったので、同じくシンキングのスティックベートであるマニックを買った。
 バチ抜けシーバス用のベイトだが、スモールマウスが強い動きを嫌う場面で、ワンダー同様に有効なのではないか、という訳である。
 また、これを用いれば「今日はマニックでスモールマウスが釣れるかの実験」と、伝説式保険にすることもできるので、例えノーフィッシュに終わったとしても、今日は実験だったのだから釣れなかったのはヘボいからではないという方向に持っていけた気になれる。

 現地入りしたところナマズさんに会う。
 とりあえず、ではあるがベートキャスティングをこなせるようになっている。とはいえ、まだまだ伝説三輪氏が食い付く余地はある。
 朕は、いずれまた降臨することもあろうレジェンドⅡのために安心した。

 開始当初は沖側を通る良型個体を意識してキャロライナリグを引いていたが反応を得られず。タイミングの問題か、そもそもその選択が誤っているのか。
 とにかくここではなさそうだということで移動。

 移動した先には張横、セニョール、李俊、相模湖バサー、その友人。
 「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、伝説式。
 朕に釣れる前に、他の誰かが釣ってしまいそうな顔ぶれであった。しかし、自分より上手の面々に囲まれるのは悪いことばかりでもない。フィールドの今をより早く、正確に知ることができるからだ。
 「オレにかまうな、上手い連中と仲良くやってくれ」と、カッコつけたところで釣果は伸びない。三輪氏こそ、その上手い連中から学ぶべきであったのだが…。

 朕が来てすぐに相模湖バサー氏がマーバスをヒットさせていた。これで本日三本目だという。
 風も吹き付けるようになっていたので回ってきたとか、動きだしたとかいうやつだろう。
 とりあえず遭遇率を増やすために線の釣りを、などと張横と話ながら軽く投げていたところ、カバーすれすれを引く張横のCCプレデターにではなく、水面直下を引く朕のマニックにストライクしてきた。
 皆バイトシーンを見ていただけに誇らしげな…否、誰より驚いていたのはキャッチした朕であった。
 レンジは浅くても良いのか。

 しばらくして張横、セニョール、李俊は撤退。
 場所を広く取れるようになったので、巻きの釣りを中断し、スティッコーのスプリットショットリグでじっくり探る釣りに変更。
 しかし、次第に風が強くなり、ボトムを取るのが面倒になったので再び巻くことにした。
 表層での反応が非常に良く、この釣り方だけでリミットメイクなるか、と浮かれていたが、さすがにそうは上手く行かず。
 何はともあれ「ハードだってさんざん引いたさ!でも釣れなかったんだよ!」と、電話をかけてまで釣れなかった怒りを他人にぶちまけるみっともない真似をせずに済んだことに安心し、納竿とした。


スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード