プレッシャー緩和策

 2月11日。

 最低を過ぎ、低いながらの安定に入ったかのような気配。
 晴天の土曜日。
 降臨跡に伝説三輪氏のベイトが多く見られることが容易に想像できる。
 しかし、朕自身の存在がプレッシャーとなっていることは否めない。これがために捕食行動に出たくても躊躇しているのかもしれない。
 かつての週末の微笑ましい光景を取り戻すためにも、朕がつとめて降臨跡を避けるようにしなければならないだろう。
 この日、公孫戍こうそんじゅが来られないとの連絡を受ける。これはアナザーレジェンドにかかるプレッシャーを和らげるための配慮でもあるようだ。

 かくしてこの日は降臨跡ではなく、多摩川に入ることにした。
 道中、李俊とセニョールが降臨跡を去るのが見える。登戸名物の三輪車は見えないが、たくさんのベイトが見える。
 こんな日に降臨しないとは実に勿体ないことだ。

 ポイントに着いてみれば、下野さん、夏侯章かこうしょう侯嬴こうえい蔡沢さいたくといった面々が居り、様子を聞いて回るも、いずれも芳しくないという。
 「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ!」という名言を使いたくてうずうずしていた朕だったが、見事にすかされてしまった。

 ナマズさんがベートキャスティングに苦戦している様が見えたので、キャスティングのこつをアドバイス。
 伝説三輪氏は初心者への講釈が大好きだった。しかし不在のため、朕がやむなく、であり、三輪氏のマーケットを荒らしていることに後ろめたさを感じているのが正直なところだ。

 蔡沢が魚をヒットさせているのが見える。キャメラを構えて向かってみれば、なかなかの魚。
 測りを当ててみれば43センチ。
 ドライブスティックのアンダーショットリグだ。
 この快挙に対し「突き落としてやろうか」と、泣いて凄むのが時宜に適った礼である。

 暗くなれば釣り人も少なくなるかと見ていたが、一帯には相変わらず釣り人が多いままだった。
 伝説三輪氏にとってみれば理想的な釣り場環境といえるが、ルアーフィッシング的には厳しい環境である。
 惰性で日没後も続けてみたものの「多摩川は見えてくるものがないのう」から進展は無く、「おめえら大層な御託並べてるけどよお、釣れてねえじゃねえか」という伝説式皮肉でこの日を締め括った。

スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード